BLOG:さまざまなアーティストの日常を垣間見る。アーティストブログポータル!

STAG & DAGGER in LONDON
[2010-08-21 05:31]

in Shoreditch 21 May 2010

前回の投稿でもお伝えした通り、今回も街網羅型フェスティバルの一つで、今までにもご紹介して来ています、アートと音楽の根付く街Shoreditch周辺全体を巻き込んでのフェスティバル。
STAG & DAGGERはここロンドンだけでなく、リーズやグララスゴーなどもう一都市を選び一日ずらした日程で毎年開催されています。また、このフェスティバルはCAMDEN CRAWLに比べれば、比較的バンドではないユニット型であったりDJの多いラインナップが特徴とも言えるかも知れません。
こちらのフェスティバルも昨年から参加をしているのですが、その際には日本からもDE DE MOUSEやTUCKERなども出演を果たしていました。
今回、こちらでお伝えするに当たっては初めてオフィシャルで撮影の許可も頂き、事前に届いたステージタイムで前準備はしっかりしたつもりだったのですが、CAMDENに比べより一層網羅されている会場のエリアが広い広い広い…。そのエリアの北端から南端に移動しようものならバスで20分はかかるのではないかと言う具合のため、結局移動する範囲を決めるしか人間業ではどうにもなりませんでした。また、この日は1001と言う会場においては、予定が変更されたのかタイムテーブルのミスなのか、プログラムにあった時間より全てのバンド出演進行が1時間早巻きだったと言う事態があり、一番の目当てだったバンドも観ることが出来ず、結局回ることが出来たライブの数はたった5つでした。

まずはブリックレーンから1001と言う名のクラブへ入り、ROUGH TRADEイーストロンドン店を抜ければ、ダブルデッカーバス内で経営されるレストランや、白い廃車に不思議な形をした鉄球のような物体が上から落下して来た様子を模したオブジェ?などが見える広場にて、今夜の行動パターンを練りつつ、1時間を消費していました(笑)。
そうこうしているうち、最寄りのVIBE BARでBO NINGENが始まるため、移動。ここは1001に続いてオープンテラスが目立つブリックレーンではお馴染みのライブ・バー・ハウス、と言ったところでしょうか。

IMGP0158fxd.jpg

IMGP0188fxd.jpg

IMGP0180fxd.jpg

BO NINGENが会場内を盛り上げる中、途中でオールドストリートへ向けて一目散に移動。

着いた先は、これまでにもこちらで何度も紹介させて頂いております、個人的にもお気に入りの会場OLD BLUE LAST。
ここではリーズ・シーンの代表格の1つである女性ボーカル3ピースバンド、SKY LARKINが汗だくになりながらステージを披露中です。最近よくあるローファイでアーティな方向に行き過ぎたりせず、良質のオルタナティヴ・ポップスを奏でます。飾っていなくて、素直に聴けます。
ロンドンにも頻繁にやって来てライブを見せてくれている、人気の3人です。

IMGP0194fxd.jpg

IMGP0199fxd.jpg

店内はおしゃれなロンドンっ子で賑わい、外にもSTAG & DAGGER参加中の音楽好きが溢れています。

IMGP0203fxd.jpg

IMGP0208fxd.jpg

ぎゅう詰めのSKY LARKIN会場も2~3曲で後にし、急いで1001へ引き返し。
しかし、ここでトラブル発生。
先にも書いた、張り出されたタイムテーブルが間違っていたとのことで、ブリックレーンの会場に着くと、全てが終了しているではないか。
お目当てだったのは、SKY LARKINと同じLEEDSシーンを盛り立て、近頃FOALSなども所属するTRANSGRESSIVE RECORDSより1stアルバムをリリースしたばかりのPULLED APART BY HORSESと言う4人です。
渡英して来た当初から、ステージ上での演奏力とド派手なパフォーマンスが好きで、足しげくライブに通い時々喋ったりもする人達なのですが、とにかく最近は大型フェス出演も続き飛躍的に成長しています。
歌詞がおバカ過ぎるとも言われてたりするようですが、リーダーはやはりBATTLESからDEERHOOF、JESUS LEZARD、FUGAZIなど幅広くコアなところまでを音楽的バックグラウンドにしており、確かな実力も彼らの強みだと思います。
レーベルが大手なので、日本デビューも遠い将来ではないかも知れません。

と言うことで、レポート不完全燃焼のため悲しみの面持ちで(苦笑)、次は同行してくれたお友達のフラットメイトTHE BUGを観にSCRUTTON STREET STUDIOSなる会場へ。
時間も深夜帯に差し掛かり、これ以降の出演陣はDJセットが主立ったものに。
彼のフラットメイト曰く、THE BUGとはダブ界の重鎮KEVIN MARTINによるユニット。この日はMCを従えながら、ハイレンジノイズを轟かせ、フロアを極悪なドロドロビートでグデングデンに仕上げていました!

IMGP0210fxd.jpg

少し残念だったのは、フェス全体用のチーフPAらしき人が、こう言った悪めのギリギリなエフェクト群に慣れていないのか着いて行けずに、スピーカーが燃え出すんじゃないかと思うほどノイズが出たい放題になっていたことです(苦笑)。

最後は大物ユニットSIMIAN MOBILE DISCOをフォトピットから撮影して参りました。

IMGP0224fxd.jpg

この日一番の大会場だったのではないかと思われる、ウェアハウス風の会場として使用されていた駐車場は、人・人・人ですし詰めの状態で、外にも長蛇の列が出来ていました。

IMGP0233fxd.jpg

最前列付近は熱心なファンが彼等のアクトを一時も逃すまいと視線を注いでいました。その内ステージ上にもオーディエンスが上がり始め、このフェスのオオトリとも言える彼らに相応しく、会場全体が踊っていました。

IMGP0256fxd.jpg

熱気に溢れる会場を観納めたところで、その後もDJ陣は朝までラインナップされていましたが、私達のSTAG & DAGGERは終了です。

何だかんだでまた来年も行くんだろうな、と思うタウンフェスの一つです。


次回は、日本でもたまにやってのけていた(笑)、同日2会場ハシゴによるイベント2本の一夜をお送りします。

CAMDEN CRAWL
[2010-08-19 22:00]

in Camden town 2 May 2010

日本も多くのライブやフェスティバルが開催されてはいるものの、イギリスと言う国の中でも取り分けロンドンは音楽イベントやライブの数が毎日数え切れない数で開催されているのは紛れもない事実です。やはり音楽フェスティバルの数の尋常でない沙汰(笑)は、私も知ってはいるつもりでしたが、実際に居着いていると驚かされるばかりです。
その中でも、特にフェスティバルに至っては、日本での感覚のいわゆる野外フェスティバル以外にも、アメリカでのオースティンで開催されるSXSWに習ったような、街一帯を網羅し多くのライブハウスに出入りが出来る1 ticket to everywhere型フェスとでも言うのでしょうか。大阪でも有名なものが年に一回開催されているいますが、エリア全体型フェスの頻度が本当に多いのが最近のロンドンの特徴で、季節も特に夏場のみにとらわれず、それこそ年中やっています。

また、イギリスの音楽産業社会におけるフェスティバルの日本と違う部分として、だいたいのフェスティバルが会場ごとに音楽プロモーター(イベンター)を媒介させることで各ブッキングが別々に運ばれており、会場毎にプロモーター名の冠を付けてイベントが運ばれて行くのも特徴でしょうか。

前置きが長くなりましたが、そのエリア全体型フェスの中でも認知度の高いフェスの一つ、その名の「カムデンはしご」と冠された通りカムデンで行われるものに、昨年に続き一日だけ行って来ました。
しかしながら、夕方以降に参加した私達がこの日に観ることが出来たのはたった5バンドです。日本のフェスと違い、各会場ごとに上手くタイムテーブルがずらされているようなことがなく、何故か残念なことに全会場同じタイムラインで進んで行くので、結局沢山のバンドが観られないのが、何とかならないのかな~と、友人ともぼやいていました(笑)。

まず最初に観たのは、TODD。日本でもよく知られるレーベル兼レコード店のROUGH TRADEがプロモータとなり、Underworldと言うクラブでのラインナップの内の一バンド。以前より、一度観てみたいバンドの一つで、たまたまこの日に出演していたので迷わずにゴー。
お世辞にも若手と言えない3人ですが、そのパワーたるや凄まじいものがありました。特にボーカルの限界ギリギリまでのエネルギーを放出しながらのパフォーマンスは一見の価値ありです。まさかROUGH TRADEからアルバムがリリースされているとはおよそ思えない、はちゃめちゃ感たっぷりのやかましめバンドで、ステージングを観ていると誰しも笑みを浮かべてしまう、そんなバンドでした。
写真に収めていないのが自分自身で残念です。

二番目は、レポートでお馴染みのDRUM EYESです。先にも述べた通り、数ある会場全てのタイムテーブルが同じ時間配分のため、移動すると、SOUTHERNが冠されたBlue Kitchenと言うステージ付きのバー会場は既に満員になっていました。入り口からバーを通って会場が縦長に広がっている構造で、後方からはステージがかなり見えにくい状態でした。
それにしても、カムデンにもステージのあるパブやバーが無限にあります。だいたいがフェスティバルだったり、何かのバンドを目当てにして初めて訪れる場合がほとんどですが、その度に、こぢんまりしたハコであればあるほど、どうやって皆さん見つけて来るのかなぁ、などと思ったりもします。

さておき、イギリス人にも人気者のDRUM EYES沢山のオーディエンスを前にグイグイと盛り上げておりました。シンセサイザーにエレクトリックバイオリンを担当する紅一点カシーのハンドライティングパフォーマンスも冴えており、会場全体の一体感があったことを記憶しています。
IMGP0091fxd.jpg

IMGP0097fxd.jpg

IMGP0098fxd.jpg

DRUM EYESのステージが終わり、会場内も雪崩の様に人がはけて行き、私達も別会場へ。

次は、そのバンドの個性的な構成と度肝を抜かれるパフォーマンスが妙に胸倉を攫まれてしまう、超絶キュート・デスボイスのエレクトロ・ハードコア・バンド、ROLO TOMASSIです。

最初に彼らのステージを観た際は、目当てのバンドの対バンだったかと思います。後方から何となく観ていて、かなり極まったデス声で歌う若手バンドなんだなと思っていたら、どう見てもマイクを主に握っているのがブロンドショートカットのかなり可愛い女の子です。驚いて、凝視してみれば、普通にか細いファルセットで歌い上げている。勘違いかと思って近くに寄って観ていると、楽曲の展開が激しく動くと、そのかぼそい歌声が突然にデス声のシャウトに……。そうなのです、紅一点のボーカリストEVAは歌う時にはか細いファルセットを、シャウトはデスボイスをと二刀流で使い分けてパフォーマンスをするのです。ルックスもただならぬクオリティでありながら、それを見せつけるでもなく飄々とパフォーマンスに没頭している状態です。
とにかく驚かされました。

と言うことで、この日も特に彼女がMCするでもなく、ステージに集中が注がれながら、フロアではオーディエンスの男子陣がモッシュに講じている状態。
EVA嬢はとにかくオーラのあるパフォーマーです。

IMGP0101fxd.jpg

IMGP0105fxd.jpg

現在イギリスではフェス出演も事欠かなかったりとなかなか人気者のこのROLO TOMASSIですが、機会が見合えばインタビューなどしてみたら面白いなぁなどとも思います。ちょっと今後努力してみようと思います(笑)。

最後は先ほどの会場、BLUE KITCHENに戻り、SOUTHERNが送るヘッドライナーACTION BEATです。

IMGP0126fxd.jpg

引き続き会場はなかなかの混み具合で、聴こえて来るのは、音の密度が高い!音数が多い!ドラムの手数ももの凄い!と言う第一印象で、ステージを必死で覗くと何しろ人数が多い。

IMGP0138fxd.jpg

この日、結局ドラムの状態が全く見えなかったのですが、後から気付けば何やらトリプルからツイン・ドラムでライブを行うスタイルなのだそうです。どうりでタムとシンバルの打数が限りなく沢山聴こえていたはずです(笑)。
今後もこのバンドについては必ずやリポートをして行く予定です。


と言ったかたちで、終わってみれば普通のラインナップが多いライブを観るのと変わらない鑑賞数となってしまうイギリスのタウン・フェス。そこが、せっかく三桁以上ものミュージシャンが出演しているものの、終わってみると少しやるせなさが残ります(笑)。

IMGP0154fxd.jpg

とは言え、街を練り歩いているその瞬間瞬間もまた楽しい、ということで、次回のレポートも更に今度は今観光地としても若者に支持を集めつつあるShoreditchを拠点にして行われたタウン・フェスであるSTAG & DAGGERをオフィシャルレポートとしてお送りします!

DEVILMAN by THE GOD DON'T LIKE IT
[2010-08-18 05:10]

@ The Lexington in Angel 29 Apr 2010

3月から1ヶ月間、日本への一時帰国をしていたため少し合間が空きまして、ロンドンに戻って来てから初めてのライブでした。また、帰国時に、遂にまともに写真撮影の出来る一眼レフカメラに新調しましたので、ここから随分と見て頂きやすい写真になるのでは…と思います!(あとは腕の問題ですね…。)

この夜も便利なことに、家からバスで10分ちょっとの同ボロー(区のようなエリア別け)にあるエンジェルで。
アンティーク市が多く見受けられることでも知られるエンジェルは、少しポッシュだけどもお高くとまってもいない親しみ易さも残るファッショナブルな地域。観光客もさほどいない通りには、小さめのカフェやレストランがたくさん並んでいます。
そんな地域と、こちらでも何度もお伝えしているキングス・クロスの合間にある、お洒落っ子が集まるとも言わるとのハコ、Lexingtonでのライブ。比較的新しいライブハウスのようで、私自身も昨年秋口頃から行く機会が突然増えました。
店内は、大型ライブ会場付きパブの通例通りで、一階にパブ、二階に会場があります。何より個性的なのが、一面ビロードで覆われた壁なのですが、それを含エンジェルのお洒落パブらしく、華美になり過ぎないアンティーク感があるそんな会場です。
今回も、お友達のDevilmanだけ撮り続け会場内を写していないため、反省しつつ次回は必ず会場の雰囲気が分かる写真を掲載したいと思います!

と言うことで、今回のプロモーターは、ラテンのかおりのするようなフレンドリーなキャラクターで知られるアンソニー率いるGOD DON'T LIKE ITによるイベント。
Cool Japan的なブームのお陰か否か、ここロンドンにも日本人アーティストを多くフィーチャーする現地プロモーターさんが少なからず存在し、このアンソニーによるイベントにはこれまでダモ鈴木さん、お馴染みのBO NINGEN、DRUM EYESなどが頻繁にプロモーションされています。
この夜は、日本人ユニットDEVILMANが登場です。DEVILMANとはDJ SCOTCHEGG氏とDOKKEBI QのGOH君によるライブ・ドゥーム・ダブ・ステップ・ユニットです、と言いながらまた勝手なイメージでカテゴライズしてしているので違っていたらすみません…。ただ、重くて黒いダブ・ステップ、とはご本人さん達も述べておられたのでさほど違わないと思います(笑)。

IMGP0009fxd.jpg

SCOTCEGG氏がベースを取り、GOH君がMacを操りながら、低音域で低く唸っています。

IMGP0012fxd.jpg

IMGP0016fxd.jpg

ダークなのに、メロディラインが明快と言うバランスが個性的で聴き易く、面白いですよ。

IMGP0038fxd.jpg

今晩は、パフォーマーにBO NINGENのギターボーカルTAIGEN君も加わってのステージで、低いながらに上げて行く展開時には爆発力が3人分になり、より強みを増していました。

IMGP0045fxd.jpg

IMGP0048fxd.jpg

IMGP0051fxd.jpg

TALONS by BIG SCARY MONSTER RECORDING
[2010-07-09 09:00]

@ Old Blue Last in Old street 10 Dec 2010

今回は、キングス・クロスとショーディッチエリアを結ぶエリア、オールド・ストリートにあるロンドンのインディっ子にはおなじみのクラブOld Blue Lastにて。
このパブ兼ライブ・ハウスは無料イベントも多く行われているためか、お小遣いの使い道にシビアな学生も多く訪れています。なかなか地元に住まう人が多く来るハコなので、観光の際にでも、交通の便も良い中心街で地元のライブハウス気分を味わうにはお薦めです。
この日も無料イベントで、私も何かしらと情報交換をすることのある、イギリスの近年ポスト・ハード・コア~マス・ロック・シーンをキッズに提唱し続けているレーベル、BIG SCARY MONSTERのオーナーによる企画で、今オーナーが一推しする若手にして2バイオリニストを擁するインスト・バンドがメインアクト。65DAYがお好きな方はイケそうな疾走爆音アンサンブルを奏でます。
インストと言っても女性ファンも多く付きそうな雰囲気なのは、写真を観て頂ければ分かるかも知れません(笑)。

IMG_0485_fxd.jpg

彼らの良さの一つなのかも知れませんが、個人的にはかなり青い疾走インストに思え、またしばらく時間を置いて観てみたいバンドかなと言った感じではありました。

IMG_0487_fxd.jpg

すでにOld Blue Lastの雰囲気についてはお伝えした通りですが、私も会場のファンの一人です。気軽に入れる雰囲気や、パブとしてもイギリスらしいパブの雰囲気を味わえると思います。

IMG_0489_fxd.jpg

また、手前味噌な宣伝で申し訳ありませんが、今年の12月上旬に晴れて(?)私自身も京都で開催していた放企画のロンドン・バージョンとして、やはりインスト・バンドをメインアクトに迎えてここOld Blue Lastでイベントを開催することが決まっています。
またその模様もこちらでお伝え出来ればと思っています。

では今回はこの辺で。

BRONTIDE
[2010-07-09 05:36]

@ CROSS KINGS in King's Cross 17 Jan 2010

ようやくレポートは今年2010年の話にまで追い付いて来ている次第でございます。
このBRONTIDEはメンバー二名がコリンガム出身。イギリスにおけるマス・ロック・シーンの中でも人気を誇る一バンドの一つです。これまでも2度ほど彼らのライブを観てはいたのですが、再び、やはりバンドに属している人ではありながら、マス・ロック・シーン界隈とはまた別の友人から「BRONTIDE知ってる?いいよ!」と言われて行くことに。

IMG_0481_fxd.jpg

また、この日のクラブはロンドンのど真ん中、イギリス中をつなぐ電車が終点として寄り集まる地点キングス・クロスからほど近い場所にあるCROSS KINGSで。
このハコもまた、個人的にとても馴染み易い場所として時々行く機会があります。何しろ、パブエリアを降りると壁中一面ペインティングが施され、それが正に十三ファンダンゴを思い起こさせ、何とも懐かしい気分になってしまいます(笑)。
と言うことで、壁がよく見えている写真。

IMG_0482_fxd.jpg

他にも彼らの前に2~3若手エレクトロ・ハード・コアと言えそうなバンドなども出演していました。

このCROSS KINGSには個人的に家からもほど近く、ライブ目当てでなくともパブの利用のためだけでも近いうちに行きたいなと思っています。何せ、十三を思い出せるので!(笑)