EDITOR'S CHOICE:エディターたちが厳選した最新レビュー!

DISC REVIEW

dreaming pupa / pupa

dreaming pupa / pupa

TOCT26960 3,000yen (tax in)
2010.7.28 on sale

Dreaming  icon
icon

01. Meta
02. Changing Skies
03. Azalea ~五月の光・君のいない道~
04. Mr. Epigone
05. dreaming pupa ~夢見る僕ら~
06. Current
07. Circadian Rhythm
08. Your Favorite Pain
09. All It Takes
10. If
11. Away Into Yesterday
12. Dun
13. Let’s, Let’s Dance
14. Kaleidscope Waltz

ご存じ、高橋幸宏、原田知世、高野寛、高田漣、堀江博久、権藤知彦の6人、つまり早い話がこの国が誇る"ポップの職人"たちによるスーパー・プロジェクト、pupaの待望のセカンド・アルバムが届いた。前作同様、エレクトロニクスとアコースティックが美しく溶け合ったその魔法のようなサウンドは、心地よい春のそよ風を感じながら眠りにつくときのような、穏やかさと安らぎを届けてくれる。作曲、作詞は6人の"ポップの職人"たちがそれぞれに、あるいは様々に組み合わさってなされており、その妙を楽しむのも一興だが、アルバムをトータルで聴いたときに確実にpupaの音というものが存在し、これだけ濃密なキャリアを持った個性が集まりながらも、作品がひとつのカラーでしなやかに統一されていることにも改めて驚かされるばかり。正直、どの曲も素晴らしいのだが、とくに2曲目の「Changing Skies」は新たな日本のポップ・クラシックとも言うべき名曲。ここまでポップで親しみやすいのは、これまでに似たような何かをどこかで耳にしたことがあるのだろうかと記憶を巡らせるが、やはりこんなサウンドはいままでどこにもなかったとも思う。どこかファンタジックでありながら、壮大なスケールをも感じさせるサウンドはまさに唯一無二。2010年、この国のポップ・ミュージックは間違いなくアップデートされ続けているのだと確信させられる素晴らしい1枚だ。

[2010-07-28]
New Audiogram: LIVE REVIEW
DISC REVIEW: MONTHLY ARCHIVES
DISC REVIEW: SEARCH