EDITOR'S CHOICE:エディターたちが厳選した最新レビュー!

LIVE REVIEW

Applicat Spectra "LIVE STREAM「Netscapes 2nd GIG」supported by 2.5D"

2012.12.20 (thu) Shibuya 2.5D, Tokyo

121220_apcs_01.jpg

Applicat SpectraがソーシャルTV局・2.5Dとのコラボレーションにより3ヵ月連続で行うイヴェント「LIVE STREAM Netscapes」。第2回はVJにUKYO Inaba、そしてDJとしてSugar's Campaignを迎えて開催された。Sugar's CampaignのAORでブリージンなアクトの後、4人が登場。オープニングは「アルペジオ」。タイトルの通り、ギター・ナカオのリリカルなギターの響きを導入に、北欧ポップ的清涼感が加速度を増していく。フォーピースのダイナミズムを飛び越えスケールの大きなプロダクションを奏でる彼らの世界にぐいっと引き込まれる。

121220_apcs_02.jpg

続いてイントロからオーディエンスに手拍子を求め「イロドリの種」の四つ打ちへ。伸びやかなナカノのヴォーカルとダンサブルなビート、そしてVJとのシンクロが心地良い。MCではUstreamでの生中継に若干緊張していることを漏らしながらも生のライヴではできない、行ったことのないリスナーにも届けられることへの意欲を語る。「音楽と映像の相乗効果」を掲げるこの企画が、バンドにとってもチャレンジであり、それがバンドを活性化させていることが伺える。

121220_apcs_03.jpg

3曲目に披露されたのはサンプリングパッドを連打しながらナカノが歌う新曲の「アップル」。レイト・オブ・ザ・ピアを思わせる、ニューレイヴ以降のロックとダンスの融合と呼応する世界観を持つナンバーだ。そして、よりシューゲイズなイメージの「神様のすみか」。アルバム『スペクタクル オーケストラ』のなかでもひときわアンセミックな楽曲。間奏の轟音も音源以上の迫力を持って迫ってくる。

121220_apcs_04.jpg

今年最後のライヴ・パフォーマンスということで「今日やってきたことが全部今日に繋がっている」と、メジャーへ活動の場所を移した2012年が彼らにとって飛躍の年であり、重要な期間であったことを4人は語る。新世代ロックバンドとして鳴り物入りでデビューした彼ら、エレクトロなテイストにギターロックの勢いをミックスさせ、透明感と聖なるムードを持ち味とするApplicat Spectraの魅力は、これから急速に市民権を得ていくことだろう。その足がかりとして、3回に渡るこの2.5DでのステージとUstream配信は、彼らのミクスチャー感覚を最もダイレクトに感じることのできる機会だと思う。

121220_apcs_05.jpg

最後にプレイされたのは「セントエルモ」。ソングライティングにある物語性を色濃く感じることのできるパフォーマンスで、この夜は締めくくられた。次回、第3弾では、彼らのナイーヴさとパワーの双方がどのように表現されるか、注目したい。

Text : Kenji Komai

New Audiogram: DISC REVIEW
LIVE REVIEW: MONTHLY ARCHIVES
LIVE REVIEW: SEARCH
LIVE REVIEW: ARCHIVES