PREMIUM:ココにしかないレアなオリジナルコンテンツが満載!
ストレイテナーのナカヤマシンペイと大山純による新バンド、その名もanother sunnyday。実は2009年頃からナカヤマと大山がストレイテナーのサイド・プロジェクトとして着手しはじめ、水面下で温められ続けてきたこのバンドが、この度、ついにその全貌を白日の下にさらした。メンバー構成はナカヤマシンペイ(Drums)と大山純(Guitar)のふたりに元serial TV dramaの伊藤文暁(Vocal)とTHE RODSでも活躍する美登一(Bass)を加えた4人。4月13日には早くもデビュー・アルバム『siesta』をリリースする。またすでに3月21日に開催されるライヴ・イヴェント"SOUND SHOOTER Vol.6"にオープニング・アクトとしての出演も決定しており、リリースに先駆けて彼らのパフォーマンスを早くも体験できる機会も用意されている。さらに本日から彼らのオフィシャルMyspaceにてアルバム収録曲「Sunnyday」(フル)と「Human Lighting」(1コーラス)が試聴できるので、ぜひチェックしていただきたい!!
いち早く彼らの声をお届けするべく、今回は(現在ストレイテナーのツアー中につき) メールにてインタヴューをおこなった。では本邦初公開となるanother sunnydayのインタヴュー、さっそくご覧いただきたい!!
siesta / another sunnyday
STNR-004 1,500yen (tax in)
2011.4.13 on sale
  1. Sunnyday
  2. Spinning
  3. cut and knot
  4. blanket
  5. Human Lighting
  6. Feather
<another sunnyday 『siesta』 Intrerview>
──そもそもは2009年頃にストレイテナーのサイド・プロジェクトとして大山さんとナカヤマさんによって始動したとのことですが、そのはじまりのいきさつについて教えてください。
ナカヤマシンペイ(Drums):
たしかステージに上がる機会を増やそうとOJに持ちかけた気がします。
大山純(Guitar):
ストレイテナーの他のメンバーがサイド・プロジェクトで活動中は2人だけ暇だった。
──スタート当初、おふたりの中で、このプロジェクトで目指そうとする音楽性などはあったのですか(ふたりの共通の趣味性を前面に出しまくるとか、ストレイテナーとはまったく別のことをやろう、とか)?
ナカヤマ:
FOO FIGHTERSやろうとか言ってました。
大山:
とりあえず速いの。
──スタート当初は(ストレイテナーと並行しつつ)どのような活動をされていたのですか?
ナカヤマ:
主に妄想にふけりミーティングを。
大山:
メンバー集め。
──最初からヴォーカルやベースを加えた、バンド編成でのプロジェクトを構想していたのですか?
ナカヤマ:
そうです。歌物がやりたかったので。
大山:
ハンド・マイクのヴォーカリストは絶対。結果4人以上。
──昨年、伊藤文暁さんと美登一さんが加入して、正式にanother sunnydayとしてスタートしたとのことですが、このおふたりの加入のいきさつについて教えてください。またおふたりのどのようなところに魅力を感じましたか?
ナカヤマ:
ヴォーカルはずっと探し続けていて、夏フェスシーズンに脱退したヴォーカルがいるとの記事をみて、音聴いてみたらとにかく歌が上手かったので、知り合いづてに伊藤に声をかけてみたところ、当時同じ街に住んでいることが分かり、すぐ呑みに行き、意気投合しました。
大山:
伊藤文暁はナカヤマシンペイがスカウト。惹かれた理由としてはその歌唱力、そして弟キャラ。美登一は僕の酒友達。惹かれた理由としてはプレイもさることながら、音に関する知識の豊富さ。
──another sunnydayに加入するにあたり、どのようなことが決め手になりましたか? またおふたりから見て、大山さん、ナカヤマさんの魅力とはどんなところですか?
伊藤文暁(Vocal):
決め手は音を出したときの雰囲気と何より人柄でした。(大山&ナカヤマの魅力に関して)客観的視点。放任主義。判断の素早さ。プロ意識。
美登一(Bass):
もともとギターのOJさんとはよく会う間柄で、お互いのライブを観に行ったりしていました。新しくバンドをやるから試しにスタジオに入ろうという事で、一緒に音を出したら意気投合という感じでした。みんな良い音出すし、歌はめっちゃ上手いし。一緒にやろうと言われて断る理由なんて無かったですね(笑)。何より4人とも人間的にすごく合うのでそこが一番大きいと思います。僕はバンドをやる上でそこが一番大切だと思うので。(大山&ナカヤマの魅力に関して)とにかく出す音に華があってカッコいいです。さすがプロだなと思いました(笑)。長年大勢のお客さんの前でやってきた経験からくる力だと思います。どれだけ練習してもそういうのは出せないものですからね。
──メンバー4人全員にお伺いしたいのですが、いまみなさんが感じているanother sunnydayというバンドの魅力について教えてください。
ナカヤマ:
脳にストレスがかからないメロディと曲構成。
大山:
わかりやすさ。皆大好きハンバーグ!!
伊藤:
わかりやすさ。この4人が出す音。
美登:
音楽的にも、人間的にも本当に良いメンバーが揃ったバンドだと思います。カッコいい4人が集まって音を出したらそれはもう、カッコいいです。
──バンド名のanother sunnydayにはどんな思いが込められているのでしょうか?
大山:
どこか行きたい。ちょっとだけ遠くに。
──資料によると、another sunnydayには「"わかりやすく"、"楽しく"、"脳にストレスがかからない"バンド」というコンセプトがあるそうですが、このコンセプトが生まれた背景について教えてください。
ナカヤマ:
単純にそういう音楽がやってみたかったのです。
大山:
音楽の楽しみ方は人それぞれだが、最近はストイックで高尚なロックが多すぎる。もっとシンプルで大味で楽しい音楽もたまには聴きたいでしょ? 俺は聴きたい。
伊藤:
素材をいかすならシンプル料理が一番かなと。それで美味しかったら素晴らしい。音楽を聴くのにストレスも胃もたれもいらない。
──記念すべきデビュー作のタイトルは『siesta』ということで(スペイン語で昼寝のこと)、なんとも妙なユルさを感じさせるタイトルとなっていますが、本作ではどのような音楽性(あるいはコンセプト)を目指そうとして取り組んだのですか?
ナカヤマ:
早くて重くて楽しい。をコンセプトにがんばりました
大山:
初期衝動よりもさらに前の衝動を与えたい。例えばホウキでギター、茶碗でドラム、風呂場で熱唱。無条件に楽しい瞬間。そんな音楽。
──本作の楽曲はまさにストレスレスというか、ある種の爽快感さえ感じるほどで(素晴らしすぎです!)、おそらく楽曲制作、レコーディングもむちゃくちゃいい状況で進んだのではないかと想像するのですが、振り返ってみていかがだったでしょうか?
ナカヤマ:
リズム録りしたスタジオの環境が素晴らしかったのと、歌録りしたスタジオの静電気の酷さ。
大山:
時間無さすぎ。
伊藤:
楽曲制作は基本早かったです。とくにベースの美登くんが加入してからはすごいスピードでした。彼はベースの技術だけでなくあらゆる方面への知識も豊富で尚且つ人柄も最高ですから、あっという間に打ち解けました。そんなまさにストレスレスな環境で素晴らしい作品が完成したと思っています。レコーディングでのエピソードとしては、自分以外がモンハン好きだったこと。どでかいカリン濃縮エキスをほぼ2日で飲み干したこと。歌入れの日に某ナ○ヤマ氏がカラムーチョを買ってきたこと。
美登:
確かにテンポ感の速さは素晴らしいものがありました。僕が加入して2ヶ月で6曲を完成させてレコーディングしましたからね。メンバーそれぞれが申し分ないプレイをしてくれるのが大きいと思います。ひとつの事に全員が上手く歩調を合わせられる人間性とスキルを兼ね備えているからこそ、この音源の完成に至ったのだと思います。レコーディングでのエピソードとしては、初めて皆でスタジオに入った帰りの居酒屋での話なのですが、僕がそれはもう大粗相をしでかした事ですね。前日の寝不足も相まって、それはもうお酒に飲まれトイレで1時間くらい寝ていたようです。そして事もあろうか女子トイレで。勿論その時の記憶は無いです(笑)。OJさんにはタクシーで連れて帰ってもらい、その時初対面の伊藤さんにはタクシーまで担いでもらい、シンペイさんには楽器を持って帰ってもらうという、先輩方に多大な迷惑をかけてしまいました。その失態もあってか4人のグルーヴは更に深まり、この名盤が産まれたというわけです。
──本作をひとことで表現すると?
ナカヤマ:
デビュー作。
大山:
The 1st 傑作。
伊藤:
ああ、こういうのやっぱりいい。
美登:
ナイスミドル(本当に色々なバランスが丁度良いです)。
──新作の中で好きな1曲を選ぶとしたらどの曲ですか?
ナカヤマ:
みんな良い子です。
大山:
「cut and knot」酔いどれギタリストが昔を思い出して号泣。そんなストーリーを勝手に作ってニヤニヤ・プレイ。歌詞には全然関係ないがとても良い詞。
伊藤:
「Feather」、最後に歌入れした曲。いい感じで力が抜けてる。
美登:
「Human Lighting」。ヴォーカル伊藤文暁の魅力がものすごく出ている曲だと思います。レコーディングの歌録りの時はその上手さと歌の力に衝撃を受けました。
──新作の一番の聴きどころはどんなところだと思いますか?
ナカヤマ:
ナイス・メロディです。
大山:
この4人だから表現できた楽曲たち。
伊藤:
聴いていて気持ちいいと感じるところを聴くのが良いと思う。
美登:
歌です。本当に素晴らしいヴォーカリストです。多くの方に聴いてもらいたいです。
──ホリエさん、ひなっちさんからはこの作品について何か感想をもらっていますか? もしあればぜひ教えてください。
大山&ナカヤマ:
「聴いたけどクオリティ高かったよー」Byひなっち
──作品を聴いて真っ先に思ったのは、「これをライヴで聴きたい!」で、たぶん多くの人もそう思うのではないかと思うのですが、ツアーやライヴのご予定などがあれば教えてください。
ナカヤマ:
とりあえずは3月21日の"SOUND SHOOTER Vol.6"のO.A.で。あとは様子を見つつやっていきたいと思います。
大山:
じょじょにウェブサイトなども充実させていくので、そちらをチェックしてください。応援よろしくお願いします。
another sunnyday Live Schedule
SOUND SHOOTER Vol.6
DATE : 2011.3.21 (mon)
VENUE : Shinkiba STUDIO COAST, Tokyo
OPEN : 16:15 / START : 17:00
ACTs : the HIATUS / rega / ヒダカトオル / another sunnyday (O.A.) ...and More!!
INFO : VINTAGE ROCK 03-5486-1099
another sunnyday Official Website
http://www.anothersunnyday.net
another sunnyday Official Myspace
http://www.myspace.com/anothersunnyday