PREMIUM:ココにしかないレアなオリジナルコンテンツが満載!
Nothing's Carved In Stoneというと「骨太」という形容がふさわしい、重厚なバンドサウンドと豪快なヴォーカルがまず頭に浮かぶけれど、3枚目となるアルバム『echo』は彼らのスケールの大きさを保ち、これまで彼らが築いてきたロックンロールのダイナミズムを損なわずに、「NCIS」節の刷新をおこなうことに成功している。初となる日本語詞、打ち込み的なプロダクションが生む空間、そしてダンサブルなビートの導入は、音のクオリティをシビアに高めることから生まれる突き放したような表情と、包容力とさえ言っていい親密なムードの双方を生んでいる。この1年で飛躍的な変化を遂げたバンドのクリエイティヴィティについて、4人が忌憚なく語ってくれた。

Text : Kenji Komai
Photo : Ryo Nakajima (SyncThings)
Release Information
echo / Nothing's Carved In Stone
GUDY-2008 2,520yen (tax in)
2011.6.8 on sale
iconicon
  1. Material Echo
  2. Truth
  3. Falling Pieces
  4. Spiralbreak
  5. Chain reaction
  6. False Alarm
  7. Seasons of Me
  8. My Ground
  9. 9 Beat
  10. Everlasting Youth
  11. Goodnight & Goodluck
  12. TRANS.A.M
  13. To Where My Shoe Points
 
NATV : Nothing's Carved In Stone コメント・ムーヴィー
「echo」についての
コメントをNATVでCHECK!
「Chain reaction」 Music Video
<Nothing's Carved In Stone 『echo』 インタヴュー>
──3枚目のアルバムですけれど、更新し続けていますね。
 
生形真一:
実は前からみんなで話していたことで、3枚目までには俺らのオリジナリティを確立させたかった。それができたと思うし、それはもちろん曲もそうだけど、演奏の空気感というのかな、キメで4人でジャーンとやるだけでもうちっぽくできるようになっていると思うし、そういう意味でも、うちにしかできないアルバムができたと思います。作っていくなかで、どんどん変わってきたことなので、こういう音楽になることは狙っていなかったですけどね。でも、どこにもない音楽ができたかなと、その目標は達成できたと思います。
日向秀和:
NCISらしさがパーフェクトに出たアルバムで、これでバンドのスタイルが1回完成したんじゃないかなという自信があります。この3枚で、いわゆる説明書がぜんぶ揃ったみたいな感じ。あとはその説明書で自由に応用して作っていくみたいな。3枚目を経て、よりシンプルなものも作りたいとか、また新たなヴィジョンも見えてきたし。
大喜多崇規:
俺たちのなかから解き放たれた感じがしますね。
村松拓:
特に今回は自然体でNCISらしさが出たんじゃないかと思います。うちのバンドはそれがキーワードになっているというか。初期衝動があって、構築があって、第一次NCISが完結みたいな。それもカラーリングしたやつじゃないんです。どっちかというと、髪が伸びたような感じ(笑)。
──実験的にファンを置いてきぼりにして突っ走っているんじゃなくて、段階を経てNCISらしらがアップデートされているように感じます。
村松:
それにはいろいろ理由はあるんですけれど、根本的に自己満になることをしようとは思っていないので。そこはブレていないと思います。
生形:
うちはもともと自然ではあります。別にみんな言いたいことを言うし、気を遣うときは遣うし、焦っていないんですよね。
日向:
無理強いをしない。
生形:
そりゃ人気があるにこしたことはないけど、ファースト、セカンド、サードと作って、一歩一歩ちゃんと段階を踏んでやっていくことがいちばん大事ということはみんな解ってるんです。
──ファーストはまさに初期衝動的な、アッパーな勢いにとりあえずまかせるところもあったんですか。
生形:
初期衝動って言ってもうちら音楽的にパンクではないし、そう見えないかもしれないけれど、けっこうやりたいことをやった。
日向:
このメンツで集まったからには、こうしなきゃいけない、みたいなのが強かったです。
生形:
要は初めて組んだバンドだけど、各々が各々のパートに責任感があるから。
日向:
そこからの自然な感じで構築していく。
──では『Sands of Time』はその構築度が高まった作品と言えるんですね。
 
生形:
やっぱりシングルを出してツアーを回ったし、それがでかいです。
──セカンドから今回の『echo』までの1年間というのは、NCISにとってどんな期間だったんでしょう?
生形:
それは毎回一緒で、曲を作ってレコーディングしてツアー回って。俺らがやってきたバンドはみんなそういうバンドだし、だから今回も『Sands of Time』を出して、長いツアーを回って、そこでいろいろあって、それが今回のアルバムに反映されているんじゃないかな。
──そのなかで、音の部分と気持ちの部分でいちばんインスパイアされたものって?
生形:
音的には、みんなで楽屋でCD聴きながら「このアルバムかっこいいね」とか話はするから、ツアー中に膨らむよね。
日向:
ざっくり言うと、踊れる感じというのは意識したかもしれない。
──ダンサブルなビートの曲の比重が増えた印象があります。
日向:
みんなが「これどうよ?」って持ってきた曲が似てたので、同じヴィジョンを見てるんだなという感じは出た。すごいバンドっぽいと思った。
──聴いていたのは、例えばFRIENDLY FIRESのようなUK、USのダンス・ミュージックとロックを融合させるタイプのバンドとか?
生形:
わりとロックからは影響を受けてないよね。エレクトニカも聴いていたし、俺らジャンルもこだわらないから。
日向:
昔の音も聴いてたね。でもロック・ミュージックは、バンドとしてはあえて聴いてないですよ。どっちかというとエレクトロニカ・シューゲイズとか。シューゲイズなところにロックを感じているので。レコーディングの頃は、ロック・サウンドからのシューゲイズじゃなくて、ダンス・ミュージックのなかのシューゲイズさみたいなものは、みんな共通して、好きだったかもしれない。
──そうしたシューゲイズな音の手触りをバンドに持ち込んでみようと。
 
生形:
やっぱりリズムがあって、実は今までよりシンプルになってると思うんですよね。パターンは複雑かもしれないですけど、入っている音数は、ギターは明らかに少ないんです。そこは考えたかな。
日向:
3枚目にきて、自信がついてきているから。
生形:
そうなんだよね。2枚アルバムを出して、ツアーを回って、それについてきてくれる人たちがこんないるんだと解って、けっこう俺らそこそこマニアックなことをやってるつもりもあったから。でもぜんぜん普通に聴いてくれる。
日向:
シンプルに見せられるみたいなね。
生形:
だから、お客さんを置いていかないという気持ちもなかったんです。これついてこれるのかな?という気持ちもあったけど、そういう曲に限ってすごい盛り上がったりして。だから、俺たちが表現したかったことを理解してくれたんだ、ということがすごく嬉しくて。それは自信に繋がりましたね。
──新曲は最近のライヴでもプレイされていましたが、オーディエンスの反応をどのように受け止めていましたか?
村松:
単純に反応はいいですね。音を抜いたり入れたりすることで、ライヴで伝わりやすい新曲を今はやっているので、静かなところの緊張感はライヴでやるとさらに伝わりやすいと思うんです。だから楽しいんじゃないかなと思ってやっています。特に曲を作ってライブで曲を変化させて、というのが好きで、ツアー中にどんどん変わっていくことが多いんです。オーディエンスに伝えたい部分が確かにあるので、リハをしている中でアレンジも変わるんじゃないかという気がする。ツアーを通していろんなところでもらってきたものがある上でのNCISがあると思うので。
──今回のアルバムは、新しい音のチャレンジや緊張感だけでなく、包容力があるところがポイントとしてあるんじゃないでしょうか。
日向:
すんなり入ってくるという自信はすごくありますよね。それにはすごく時間をかけました。だから、どこで奥行きを出すかとか、どこらへんにロックを感じるんだろう、ということは考えた。ただギターの歪みを増やしてグワーンというのじゃなくて、すごいポップなメロディが乗ってるんだけど、裏ではトライバルなリズムがガンガン鳴っていたり、そうした奥行きでロックっぽさを感じてほしいなというところはすごくあった。
──空間の作り方はいままでにないところですよね。
日向:
今回はドラムで空間の距離感を出すみたいな作り方をして、そこはすごく時間をかけました。
──例えば「Seasons Of Me」の独特の音の鳴りとプログレっぽいアレンジは効果的ですよね。
大喜多:
度合いは違いますけれど、レコーディングでは、3つくらいおおまかにドラムの音色は作って、曲調に合った深さを調節していって作ってたかな。
──ダンサブルなビート感については、大喜多さんとしては手応えどうでしたか?
 
生形:
オニイはもともとそういうの得意だからね。そっちの畑でやってきたから。
日向:
しかも今回はドッチッドッチッっていうのじゃなくて、ネイティヴさを感じるリズムだから。アフロビートみたいな。
生形:
面白いですよね。ファンクも混ざってるし、エレクトロニカもサンバもインディ・ロックも入ってる。
日向:
そこであえて完全にノリノリにならないところに落としこむ、というか。盛り上がってるリズムに対する空虚さを感じる、殺伐としているところに、すごいかっこいいなと思っちゃう。そういうところにに落ち着いた気がする。
生形:
冷静で醒めた感じだね。ファンキーなリズムとか、今までは逆にあえてやらなかった部分もあって、ちょっとロックに対するこだわりがあったから。でもセカンドまでの自信があって、俺らがやれば、ぜったいNCISの音になるというのがあった。
──なので、初期にあった4人のミュージシャンのぶつかり合い、という雰囲気はどんどん後退していっていますよね。
日向:
それはファーストの良さだから。あれは完全にあれであれでしかない青春物語で、それがグルーヴになってる。そういうものを、もう離れて見られる自分たちがいるので。
生形:
進化してきたんだろうね。
日向:
4人の世界観がまるっきり出る、自分たちの音を見せるころができるようになった。
──それから、今回のアルバムは初となる日本語詞の楽曲が「Chain Reaction」、「9 Beat」、「Goodnight & Goodluck」と3曲収められています。すでにライヴでは「Chain Reaction」は披露されていましたが、日本語に挑もうというのもみなさんのなかで自然に生まれてきた欲求だったんですか?
 
生形:
けっこう前から日本語の曲をやるという話はしていて。
日向:
『Sands of Time』を作るときだね。
村松:
そうだったね、確か。
生形:
セカンドのときは、もっと準備したほうがいいと思ったので、今回やることにしたんだけど、そんなに「日本語の曲をやる!」っていう特別な思いがあったわけじゃないんです。
村松:
これまで英語で作ってきたので、世界観は殺したくないなと思ったんですけど、単純に新しい武器だったので、楽しみながらやりました。日本語の歌にもいろんな種類があると思うんですけれど、どんな風なのがいいのかなと相談しながら、小出しにしていって、広げて書いていきました。NCISの持っている世界観があって日本語でより伝わりやすいところがあるから日本語にしようと思った部分もあった。だからといって、NCISの持っている世界観が、日本語にしただけで薄れていってしまうのはいやだったので、気を遣いました。みんなで演奏して作っていくのがバンドですけれど、歌があって、共感したり、同じ空間にいて口ずさんだり歌ったり、言葉が入ってきて嬉しいとか、楽しいとか、そういうひとつのツールとして日本語どうかなということも考えていました。
生形:
一緒に歌える、というのはでかいですよね。THE YELLOW MONKEYのトリビュート盤に参加させてもらったのね。その「バラ色の日々」をワンマンのときにやったんですけど、やっぱりね、みんな歌えるんです(一同笑)。しかもコーラス歌って盛り上がっちゃって。自分の書いた歌詞よりも。
日向:
解りやすく盛り上がっちゃった(笑)。
生形:
英詞はリズムの気持ち良さがあるし、なるべく包んで言葉を発せられるところがある。何本かのライヴで「Chain Reaction」やったけど、やっぱり俺日本人だし、英詞がだめということじゃなくて、日本語詞は気持ちが乗るから、やっぱりすごくいいことがあるなと。
日向:
逆に、もう今は歌詞を見てから曲を作りたいと思うもんね。そういうのまだやってないじゃん。
生形:
どんどんアイディアが出てきそうだよね。
大喜多:
それすごくいいかも。
生形:
でも俺たち、タイトルから作った曲もあるんですよ。「Trans.A.M」って曲、トランザムってアメ車のことなんだけれど、その言語を最初にオニイが言ったら、広いなんもない道をすごいスピードで走っていくイメージが浮かぶ。その話をふんだんにした後にスタジオに入ってできたのがこれで。アレンジもほぼこのまま。
──そのせいでこの曲はストレートな疾走感があるんですね。
生形:
そういうのも俺らすごく大事にしていて、あえてアレンジも変えたくなかったし。瞬発力だね。だから曲の作り方はこれからもいろいろやりたいと思ってるんです。
──今回は曲のカラーごとに、ここまで振りきっていいんだ、という自由度が広がったんですね。
日向:
思うんだけど、『echo』を通して聴くと、ぜんぶ違うバンドでもいいんじゃないかっていうくらいキャラが違うんです。それが面白いなと思って。
生形:
「Trans.A.M」を普通に譜面通りにやったら、単なるハードロックになる。そのギリギリのラインがうちららしいなと思います。
日向:
ハードロックにさせない自信が俺たちにはあるね。
大喜多:
それぞれが持っているイメージをまず良しとしてからグワーッと混ざるから、いろんなカラーが出るんだと思うし。「それ違う」ってよっぽどのことがない限りない。何でも吸収する根を持ってるみたいなものですかね。
生形:
そしてよく話すよね。イメージの共有をすごく大事にするから。それは3枚目でさらに精度が増していますね。この後またツアーを回って、またみんなとたくさん話す機会があって、そこで毎回いろんなことが決まっていくんですよ。前回も、ツアーに出るまで、先のことを何も決めていなかったんですよ。次になにをリリースするかとか、それを決めるのはツアー中がいちばんいいと思っていて、4人でいる時間も多いし、いちばん音楽と関わっていられる時間だから、すごく気持ちのスイッチも入っているし。そこで、自分たちがなにをやりたいかがすごく見えてくるんです。やりとりをしていると、「ちょっとこういう曲が足りなかったから、早めにシングル出したいな」とか、あまり決め込まないで、今回のアルバムの曲がいろんな人たちに渡って、その反応に対して俺たちが新しいことをやるのがいいかなと思います。それがいちばんリアルだから。
Nothing's Carved In Stone : LIVE SCHEDULE
Tour [echo]
DATE : 2011.6.18 (sat)
VENUE : Chiba LOOK, Chiba
OPEN : 17:30 / START : 18:00
INFO : DISK GARAGE 03-5436-9600
DATE : 2011.6.19 (sun)
VENUE : Mito LIGHT HOUSE, Ibaraki
OPEN : 17:30 / START : 18:00
INFO : DISK GARAGE 03-5436-9600
DATE : 2011.6.22 (wed)
VENUE : Shiga U★STONE, Shiga
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : SOGO OSAKA 06-6344-3326
DATE : 2011.6.24 (fri)
VENUE : Kanazawa AZ, Ishikawa
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : FOB KANAZAWA 076-232-2424
DATE : 2011.6.25 (sat)
VENUE : Nagano LIVE HOUSE J, Nagano
OPEN : 17:30 / START : 18:00
INFO : FOB NIIGATA 025-229-5000
DATE : 2011.6.27 (mon)
VENUE : Niigata Live Hall GOLDEN PIGS RED STAGE, Niigata
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : FOB NIIGATA 025-229-5000
DATE : 2011.7.2 (sat)
VENUE : Sapporo PENNY LANE 24, Hokkaido
OPEN : 17:30 / START : 18:00
INFO : WESS 011-614-9999
DATE : 2011.7.5 (tue)
VENUE : Okayama LIVE HOUSE IMAGE, Okayama
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : YUMEBANCHI OKAYAMA 086-231-3531
DATE : 2011.7.7 (thu)
VENUE : Miyazaki SR BOX, Miyazaki
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : BEA 092-712-4221
DATE : 2011.7.9 (sat)
VENUE : Nagasaki DRUM BE-7, Nagasaki
OPEN : 17:30 / START : 18:00
INFO : BEA 092-712-4221
DATE : 2011.7.10 (sun)
VENUE : Fukuoka DRUM LOGOS, Fukuoka
OPEN : 17:15 / START : 18:00
INFO : BEA 092-712-4221
DATE : 2011.7.20 (wed)
VENUE : Shimizu JAM JAM JAM, Shizuoka
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : JAILHOUSE 052-936-6041
DATE : 2011.7.22 (fri)
VENUE : Osaka BIG CAT, Osaka
OPEN : 18:15 / START : 19:00
INFO : SOGO OSAKA 06-6344-3326
DATE : 2011.7.29 (fri)
VENUE : Takamatsu DIME, Kagawa
OPEN : 18:15 / START : 19:00
INFO : DUKE TAKAMATSU 087-822-2520
DATE : 2011.7.31 (sun)
VENUE : Matsue AZTiC canova, Shimane
OPEN : 17:30 / START : 18:00
INFO : YUMEBANCHI OKAYAMA 086-231-3531
DATE : 2011.8.16 (tue)
VENUE : Machida THE PLAY HOUSE, Tokyo
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : DISK GARAGE 03-5436-9600
DATE : 2011.8.17 (wed)
VENUE : Motoyahata THE 3rd STAGE, Chiba
OPEN : 18:30 / START : 19:00
INFO : DISK GARAGE 03-5436-9600
DATE : 2011.8.26 (fri)
VENUE : Nagoya CLUB DIAMOND HALL, Aichi
OPEN : 18:00 / START : 19:00
INFO : JAILHOUSE 052-936-6041
DATE : 2011.9.3 (sat)
VENUE : Shinkiba STUDIO COAST, Tokyo
OPEN : 17:00 / START : 18:00
INFO : DISK GARAGE 03-5436-9600
Nothing's Carved In Stone Official Website
http://www.ncis.jp/
Nothing's Carved In Stone Official MySpace
http://www.myspace.com/ncisjp
Nothing's Carved In Stone Official Twitter
http://twitter.com/NCIS_BANDS