PREMIUM:ココにしかないレアなオリジナルコンテンツが満載!
COMEBACK MY DAUGHTERSが帰ってきた!! とびっきりサイコーなニュー・アルバム『OUTTA HERE』をひっさげて!! 前作の『EXPerience』が2008年だから、彼らにとっておよそ3年ぶり、まさに待望のフル・アルバムとなるこの『OUTTA HERE』は、新ベーシストに名手戸川琢磨を迎え、また彼らの念願でもあった海外レコーディング(ニューヨーク!!)を敢行するなど、その背景や編成もこれまでとはひと味違ったものであることは事実だが、過去のCOMEBACK MY DAUGHTERSの良さをそのサウンドにしっかりと残しつつも、たしかなステップアップを感じさせる(また海外のインディ・ロック・シーンとの親和性も感じさせるような)珠玉のポップ・ソングの数々にとにかく胸を動かされる。本当によい曲ばっかり!! というわけで、彼らの最新インタヴュー、ぜひご一読ください!! またCOMEBACK MY DAUGHTERSは『OUTTA HERE』発売日の直後となる7月7日に、New Audiogram主催のイヴェント"New Audiogram ver.4.2"にも出演!! きっとこの素晴らしい新曲も披露されるはず!! こちらもぜひお楽しみに!!
Text : Ryosuke Arakane
Photo : Ryo Nakajima (SyncThings)
Release Information
OUTTA HERE / COMEBACK MY DAUGHTERS
PZCA-50 2,300yen (tax in)
2011.7.6 on sale
Outta Here - COMEBACK MY DAUGHTERS iconicon
  1. Secret Castle
  2. Why
  3. Yours Truly
  4. Mona Lisa
  5. Slow Down
  6. Henji ha iranai
  7. Lavender
  8. Carpenteria
  9. Strange Boy
  10. Always on your side
  11. See you later alligator
 
NATV : COMEBACK MY DAUGHTERS コメント・ムーヴィー
「OUTTA HERE」についての
コメントをNATVでCHECK!
COMEBACK MY DAUGHTERS 『OUTTA HERE』DIGEST
<COMEBACK MY DAUGHTERS 『OUTTA HERE』 Interview>
 
──今回4枚目のアルバムになりますけど、改めて前作(『EXPerience』)を振り返って何か思うことはありますか?
中津川:
前作は前作ですごくいい作品だと思うし、そこは変わらないですね。ただ、前作と今回はまた違うので、過去の良かった思い出みたいな感じで振り返れるんですよ。
CHUN2:
アルバム作るときは、いつも今のCOMEBACK MY DAUGHTERSをそのまま出して、今やりたいことを反映させて作っているから。今回もいいものができたな、という実感はありますね。
高本:
前作はすごく根詰めてアルバムを作り、根詰めてツアーもやったので、(レコ発最終日を終えると)終わってしまったなという感覚が残ったんですよ。だから、今回はあえてそういう感じではなく、語弊がないように言うと、すごく気軽に作りました。で、気軽にツアーを回って、楽しいバンド活動を継続していく環境を作っていきたいなあと。
──前作のレコ発ツアーは張り詰めていたものがあった?
高本:
張り詰めていたわけじゃないけど、やっぱり気合いは入りますよね。レコードを出して、レコ発ツアーというものにすごく重きを置いていたから、正直その後のことを全く考えてなかったんですよ。今は単純にバンドが楽しいし、曲作りが楽しいし、こういうことをずっと続けていくのがベストだなと。僕たちもう4枚目のアルバムになるんですけど、日々のスタジオを含めて、楽しくバンド活動できることが自分の満足ポイントとして重要なんですよね。このバンドはそうあり続けて行こう、と今回のアルバムを作る前にちょっと思ったんですよ。ヘンな肩の力は抜いて、ワイワイやっていきたいから、その感覚は前作とは違いますね。
──長くバンドを続けていくには、そういう気持ちは大切ですよね。ただ、自分たちの中で何か燃え尽きた感覚でもあったんですかね?
高本:
達成感なんですかね。うわー、終わったみたいな。その後はしばらく放心状態が続きましたね。
小坂:
僕も「あー、ツアー終わった!」みたいな感覚はありましたね。
──このタイミングで原点回帰的な気持ちが浮上してきたんですかね? COMEBACK MY DAUGHTERSはずっと自分たちの歩幅を大事にしてきたバンドという印象はありますけど。
高本:
それが僕たちの歩幅で歩いている証拠なのかなって。別に改めて考えたわけじゃないけど、今考えるとそう思うっていう。
中津川:
僕ら的にはツアーが終わってから、多少時間は空きましたけど、その間もライヴはやっていたし、アナログをリリースやコンピに曲を提供したり、いろいろ動いてましたからね。強いて言うなら、前作のツアーが終わったときにベースの淳ちゃん(稗田)が辞めて、たっくん(戸川)が新しく入ったから。やっぱりメンバーが替ったことで、新しいバンドになった感覚はあるかもしれない。
──メンバーが一人替ると、バンド内の空気も変わりますよね。フレッシュな気持ちになるというか。
高本:
フレッシュさはないですけどね(笑)。
メンバー一同:
はははははは。
高本:
やっぱり長く音楽を続けてきて、音楽を長く続けてきたメンバーが入ったので、ノリで行こうぜ!みたいな部分は失ってるんですよ。だけど、30代半ばの共有できる感覚があって、初々しい感じではないけど、そこが面白いんですよね。またバンドの達人が一人入ってきたみたいな。達人的にはこう思うんだけど、みたいなことを言われたり(笑)。
戸川:
細かいことは何も言ってないんですけどね。COMEBACK MY DAUGHTERSに僕が加入することになったのも自然といえば自然な感じだったと思うんですよ。
──では、今作に向かう上で何か明確なビジョンはありました?
 
高本:
特にコンセプトはなかったけど、個人個人ではあったんじゃないですかね。CHUN2が海っぽい作品にしたいと言って、僕はいいなあと思ったんだけど、それをたっくん(戸川)は嫌と言ってみたり(笑)。
戸川:
言ってない言ってない。頷かなかっただけ(笑)。
高本:
ははは。COMEBACK MY DAUGHTERSは明確なリーダーがいないので、誰かが明確なコンセプトを掲げても、みんなあまり言うことを聞かないですよ。言うことを聞かないというか、みんな自分の世界観を持って、それが集まったものがCOMEBACK MY DAUGHTERSだから。CHUN2は海と思っていても、裕亮(小坂)は山だと思ってキーボードを弾いてる可能性もありますからね。
──では、CHUN2さんが思う海っぽいイメージというのは?
CHUN2:
ええと……、ビキニのお姉ちゃんみたいな。
──(笑)あっ、そういうイメージですか?
CHUN2:
海というか、音楽で言えばビーチ・ボーイズみたいにコーラスがすごくキレイなものだったり。ギターだけで言うとリバーブがかかっているような音楽ですね。そういう海を連想させるようなサウンドがいいなって。今年はよく海に行っているので、海っていいなあと思って(笑)。
──まだ夏前ですけど、海に行っているんですか?
CHUN2:
そうっすね。ハワイに行ったんですよ。ちょうどアルバムの制作が佳境に入った頃に……。
高本:
ここ重要じゃないですか。アルバムの制作の"佳境"に、ですよ。
CHUN2:
みんながスタジオにこもっているときに、ちょっと俺だけハワイに行って来るわって。
──(笑)。
CHUN2:
ウチのバンドは自由なんで、ちゃんと許可は取りましたよ。海っていいなあ、広いなあって、魅せられてしまって。それで影響を受けてしまったんですよね。
──NYレコーディング前の、曲を固めている段階で一人ハワイへ?
中津川:
そうですね。それで少しでもいいプレイをしてくれる方がいいですからね。あまり気にしないんですよ。お前だけ海外行ってるんじゃねぇよとか、そういう感じじゃないし。CHUN2と被るかもしれないけど、去年横須賀のはずれの方にある「かねよ食堂」という場所で夏の終わりにアコースティックのライヴをしたんですよ。時間的にもサンセットだったし、そのロケーションがすごく良かったんですよね。メンバーもその日のライヴが印象的だったみたいだし、極端に言うと、そういうのもきっかけになってるのかもしれませんね。
──今作は情景や風景が頭の中に浮かんでくるような曲調が多いですよね。高本さんのヴォーカルや重厚なコーラス・ワークも音の広がりや穏やかさをさらに高めているし。
戸川:
歌は張ってないもんね。
高本:
張ってるわ!
メンバー一同:
はははははは。
戸川:
張ってからの、わーっ!がないっていうか(笑)。
 
高本:
自分の能力を伸ばしたいという意欲はずっと持ってて。ただ、ヴォーカリストがさらに能力を伸ばすというのは難しいわけですよ。すごくキーが出るようになったとか、歌のピッチがうまくなったとか・・・そういうことじゃないなと思って。自分独特の雰囲気をさらに出せるようになりたくて。海外をきっかけにして、恥ずかしげもなくそれにチャレンジしたんですよ。
──中音域の淡い歌声が胸に染みるというか、素晴らしいです。
高本:
力強く歌うんだけど、力強く聴こえないようにしたかったんですよ。
──1曲目「Secret Castle」からインパクト十分で、コーラスもふんだんに導入されてるし、ある種ゴスペルに通じるような神聖な空気を感じました。
高本:
ゴスペルも好きですからね。それはバンド・メンバーが多い利点を生かしたいなあと思って。3ピース・バンドではできないようなことを表現したくて。
戸川:
これまでのレコーディングには遊びに行ったり、実際お手伝いしに行ったりしてたんですよ。で、無駄な部分や、無駄だけど結果的にOKなところとか、僕はこれまでの制作過程を知ってる側の人間なので……。最終的にはいままでのCOMEBACK MY DAUGHTERSのいい部分とこれからのCOMEBACK MY DAUGHTERSが重なったところを目指した感じはありますね。
高本:
僕、基本的に展開があまり好きじゃなくて。ずっとワンコードで引っ張っていくバンドが好きで。でもそれがエゴになって、悪い方向に働いてしまうこともあるっていうのはバンドをやっていく中でわかったから。みんなで話し合って、いいところを取りたいと思ってたんですよ。けど、今回は割とそのままでいいんじゃないって言われることが多くて。自分がベーシックを作って……、ちょっと不安だなと思う部分もメンバーがチョイスしてくれたから。結果的にすごくシンプルにできたし、みんなの個性も出せたと思う。今作はこのやり方で本当に良かったと思いますね。
──メンバーひとりひとりの個性という意味では「Slow Down」、「Lavender」では長めのインスト・パートが導入されて、いいフックになってますよね。
高本:
それがバンドの力なんじゃないかなって。ベーシックの段階であれを作っていたら、ヤバイですよね。
メンバー一同:
ははははは。
高本:
簡単に言えば、笑いがあるんですよね。ちょっとカリブっぽい感じにやってみようって。で、試しにやってみて、みんなで笑うみたいな。そういう作業もあったから。
CHUN2:
1曲の中で「お前、ここ行け!」って感じでメンバー同士でパスし合うというか、そういう楽曲になっていると思うんですよ。個人個人のツラが見えるアルバムになってると思います、ははははは。
CHUN2:
あいつ(戸川)がよく使ってる言葉(「ツラ」)だから、引用しているみたいで、すごく嫌で(笑)。
──はははは。小坂さんはどうですか?
小坂:
僕は野外を意識しましたね。あらっ、違うかな?
──前作のときに高本さんが「野外の雰囲気」と言っていたような……。
高本:
今回は彼(小坂)が野外をイメージしたんじゃないですかね(笑)。まあ、でも天井がない感じっていうのはちょっと考えてて。レコーディングでも口癖のように言ってましたね。エンジニアさんにも「レンジを広く持たせてくれ」って言ったし、自分たちも天井がない感じにするには、どうすればいいんだろうと考えました。
──そうなんですね。で、今回NYでの初の海外レコーディングということで、環境の変化も当然音に反映されてると思うのですが、どうですか?
 
高本:
まず食べ物から全然違いますからね。レコーディング自体はすごくリラックスしてできたから、それが良かった。環境的には違うところがたくさんあり過ぎて……でも困ることは全くなかったんですよ。
中津川:
ただ、NYに行く前に地震があったので。
戸川:
ちょうど金曜日(3月11日)に地震があって、土日空けでフライトしたんですよ。
──あっ、そうなんですね。
中津川:
でも予定を決めてしまっていたので、ズラすこともできなくて。幸い飛行機は普通に動いていたから、行こうと。そういう状況下なので……、う~ん、何を言おうとしたんだろ。ええと、集中してできました。
メンバー一同:
ははははは。
高本:
それはそうなるというか、やるしかないですからね。集中もできたし、気持ち的にもブレはなかったから。もちろん日本は心配だったけど、行ったからには楽しむ気持ち満々だったし。その分、この作品はいいものにしなきゃいけない、という気持ちは誰も口には出さなかったけど、みんなそう思っていたと思うんですよ。とりあえず作品作りに集中しつつ、無言で日本のニュースを見るみたいな。
──向こうでもTVはチェックしていたんですね。
高本:
そうですね。でもみんな無言でした。NYにいるし、多くを語ることはできないから。そういう気持ちも今回のアルバムには詰まっているんじゃないかな。
──ちなにに、海外レコーディングはいつ頃から考えていたんですか?
高本:
1年前ぐらいかな。
戸川:
バンドをやり始めた頃からのみんなの夢ではあったよね?
高本:
うん。自分たちですべて計画して、実行して、周りの人に協力してもらって、こういうことができたんですけど、それも多分良かったんだと思います。新しくメンバーが入って、イチからスタジオを予約したり、それに向かう段取りを自分たちでコントロールしながらやれたから。すごく不安もあったけど、海外レコーディングを決めて戻ってくるまでの間に、バンドの一体感はかなり増しましたね。
──NYをレコーディング場所に選んだ理由は何かあるんですか?
戸川:
実は彼(CHUN2)が海っぽい感じと言ったときに、僕だけ首を縦に振らなかったのは、東京に住んでる僕らじゃ海感は出せないと思ったんですよ。想像の中の海と、僕らが思っている海をどうにかするには、ごちゃ混ぜのNYという都市の方がいいんじゃないかと思って。その海感を少し消すためにも、汚い路地裏でレコーディングした方がいいんじゃないかと思って(笑)。
高本:
それ後から聞かされたんだよね(笑)。すげえな、この人はって。
メンバー一同:
ははははは。
戸川:
最初からこんなこと言っちゃうと、みんな構えちゃうと思ったから。スタジオのエンジニアが僕の後輩で、ずっとアメリカに住んでいるんですけど、ここだったら大丈夫だなと思って。NYだったら、みんなで楽しくやれるんじゃないかと思って。楽しくやらないと意味がないですからね。そこをいちばん重要視しました。あと、海感を汚したいっていうのはありましたね(笑)。
──はははは。NYは海というよりは、東京の方がイメージ的には近いですよね? ただ、海外で初レコーディングという内側の高揚感は音に出るでしょうけど。
戸川:
そうですね。あと、みんなで長い期間寝泊まりするとか、それもすごく良かったんじゃないかな。
──そういう面でもバンドの一体感は増しますよね。音のまとまり感という意味では、個人的にはシンプルな味わい深い曲調が続く7曲目「Lavender」~8曲目「Carpenteria」の流れが特に好きで、このバンドの個性が色濃く出た2曲だなあと。
高本:
今の2曲を挙げてもらったのは初めてなんですけど……、アコースティック・ギターになっているから、いままでCOMEBACK MY DAUGHTERSを聴いてる人からすると、音圧的な部分で「あれ?」と思うかもしれないけど。その2曲もすごく楽しくレコーディングできたし、ライヴでやることが今から楽しくてしょうがないんですよ。僕らがそういう原理で音楽をやっていれば、お客さんにもきっと伝わるだろうし、レコ発ツアーも本当に楽しみですね。
COMEBACK MY DAUGHTERS : LIVE SCHEDULE
"Edacious cheers Tour"
"SUMMER DUDES Vol.2" 【Acoustic Set,One Man Show】
DATE : 2011.8.20 (sat)
VENUE : Yokosuka かねよ食堂, Kanagawa
OPEN / START : 15:30
INFO : かねよ食堂 046-841-9881
DATE : 2011.9.3 (sat)
VENUE : Kumagaya HEAVEN'S ROCK VJ-1, Saitama
OPEN : 18:00 / START : 19:00
INFO : HEAVEN'S ROCK VJ-1 048-524-4100
DATE : 2011.9.10 (sat)
VENUE : Toyama CLUB MAIRO, Toyama
OPEN / START : 21:00
DJs : COICHI / BOB / KAWAI / T5UBU / CHIGON
INFO : CLUB MAIRO
DATE : 2011.9.11 (sun)
VENUE : Niigata GOLDEN PIGS RED STAGE, Niigata
OPEN : 18:00 / START : 19:00
INFO : KYODO HOKURIKU 025-245-5100
DATE : 2011.9.16 (fri)
VENUE : Nagoya CLUB UPSET, Aichi
OPEN : 18:30 / START : 19:30
INFO : JAILHOUSE 052-936-6041
DATE : 2011.9.17 (fri)
VENUE : Shizuoka FREAKY SHOW, Shizuoka
OPEN : 18:30 / START : 19:30
INFO : FREAKY SHOW 054-273-8699
DATE : 2011.9.23 (fri)
VENUE : Fukuoka ROOMS, Fukuoka
OPEN : 18:30 / START : 19:30
DJ : DJ KAZUO
INFO : ABOUT MUSIC 092-791-8305
DATE : 2011.9.24 (sat)
VENUE : Osaka SHANGRI-LA, Osaka
OPEN : 18:30 / START : 19:30
INFO : SMASH WEST 06-6535-5569
DATE : 2011.10.1 (sat)
VENUE : Uguisudani キネマ倶楽部, Tokyo
OPEN : 17:30 / START : 18:30
INFO : SMASH 03-3444-6751
COMEBACK MY DAUGHTERS
1998年に高本、稗田、中津川の3人によって結成。2000年、初の音源となる4曲入り12inch盤『HOME OF THE SUN』を自主レーベルからリリース。2002年6月にEP『WEEKEND MILESTONE』をリリースし、その2ヵ月後、CHUN2がギターとして加入。4人編成になったと思ったのもつかの間、同年11月には小坂がキーボードとして加入し5人編成になる。CHUN2と小坂の加入で、サウンドの幅が増した彼らは、自分達のペースを保ちながらも精力的に活動をし、海外のバンドも含め多くのアーティストと共演。2003年にはWEEZER公認のWEEZERトリビュート・アルバムに参加している。そして2004年、1stアルバム『Spitting Kisses』をPIZZA OF DEATHからリリース。極上のメロディーとポップでカラフルでありながらも、芯の強さを感じる強靭なサウンドを持ち合わせたこの作品は、高い評価を得る。そして、2006年2月。2ndアルバム『A Parade of Horses』をリリース。2007年には初のシングルとなる、「BIRD'S TRADITION e.p.」2008年には3rdアルバム『EXPerience』を発表。ツアーファイナルを渋谷AXにて行う。その後、BASS稗田が脱退、新メンバーとして戸川(ex.BLUEBEARD)が加入し今のバンド編成となる。常に地に足を付け、精力的にライヴ活動を行う彼らはオーディエンスのみならず、ミュージシャンたちからも広く指示を受けている。そして2011年春、この夏リリース予定の4thアルバムのレコーディングの為渡米。初の海外レコーディングをニューヨークにて行う。ニュー・アルバムのリリースと共に新たな展開を迎える今後の活動が非常に楽しみである。
COMEBACK MY DAUGHTERS OFFICIAL WEBSITE
http://www.comebackmydaughters.com/
COMEBACK MY DAUGHTERS 『OUTTA HERE』 SPECIAL WEBSITE
http://cbmd-outtahere.com/