PREMIUM:ココにしかないレアなオリジナルコンテンツが満載!
つまるところ、LITEというバンドはたったひとつのことだけしか考えていない。それは自分たちにしか生み出せない、最高にかっこいい音楽を作ること。2003年の結成以来、彼らはその初期衝動のようなピュアなエネルギーでもってひたすら走り続け、これまでに2枚のフル・アルバムと2枚のEP、そして1枚のスプリットCDを世に送り出し、また(New Audiogramの読者のみなさんには恒例のブログでお馴染みだと思うが)幾度となく海外ツアーへと乗り込み、そのサウンドに磨きをかけ続けてきた。
7月6日、そんな彼らが「これまでにないほどの手ごたえを感じる」と堂々宣言するサード・アルバム『For all the innocence』を世に送り出した。プロデューサーにBOOM BOOM SATELLITESやDJ BAKUなどを手掛けてきた三浦カオルを起用、大胆なエレクトロニック・ミュージックの導入をはじめ、これまでのLITE像に捉われない新たな試みを果敢に取り入れた本作は、リスナーとしても大いなる手ごたえと興奮を感じずにはいられない渾身の作品に仕上がっている。本作について、今回はギターの武田信幸、ベースの井澤惇のふたりがインタヴューに答えてくれた。

Text : Naohiro Kato
Live Photo : Ryo Nakajima (SyncThings)
For all the innocence / LITE
IWTM-1001D 2,000yen (tax in)
2011.7.6 on sale
For All the Innocence - LITE iconicon
  1. Another World
  2. Red Horse in Blue
  3. Rabbit
  4. Pelican Watched As The Sun Sank
  5. Rebirth
  6. Pirates and Parakeets
  7. Chameleon Eyes
  8. Cat Cat Cat
  9. Duck Follows an Eccentric
  10. 7day Cicada
  11. Mute Whale
LITE / For all the innocence Trailer
 
LITE / Rabbit
<LITE 『For all the innocence』 Interview>
 
──先日のライヴで武田さんが「ニュー・アルバムを作り終えて、これまでにない手ごたえを感じている」とMCでおしゃっていましたが、"これまでにない手ごたえ"とはいったいどんなものなのでしょうか。もちろんこれまでも作品が出来上がるたびに手ごたえというものはあったのではないかと思いますが、今回"これまでにない"とまで言うその所以はどういうところなのかなと?
武田:
録り終わってから改めて自分たちの作品を聴いた時に、いつもなら「ここをこうしたかったなあ」とか、まず反省点が見えてきたりするんですが、今回はそれが珍しく少なかったんです。で、今回はいったい何がこれまでと違ったんだろうと考えたときに、今回は作り込みがをじっくり時間をかけてできたというのが大きかったんじゃないかと。
──作り込みというと?
武田:
これまではカッチリと制作期間が決まっていて、その時間制約の中で作業を終わらせなくてはいけないという、ある種の縛りの中でやってきたんですが、今回はミックスやレコーディングにたっぷりと時間をかけることができたんです。例えば2、3曲に2ヵ月くらいの時間をかけてたり。
──録り終わった後の作業に時間をかけられたということですね。
武田:
そうですね。今回はそこが非常に重要なところで。前からずっとやってみたかったことでもあったので。
──井澤さんも本作はやはり特別な手ごたえがありますか?
井澤:
ありますね。いろいろなジャンルの人に聴いてもらえる作品になったんじゃないかって。ジャンルを超えて、新しい音楽を追い求めている人たちのアンテナに引っかかってくれればいいなって思います。これまでLITEを聴いたことがなかったという人にもぜひ聴いて欲しいですね。あと、これまでと大きく違うと思うのは、LITEはライヴに重きにおいた楽曲作りをしてきたんですけれど、今回は自然とそうした発想からも離れて、純粋に楽曲としていいもの作ろうと考えて作った。このことは大きかったような気がします。無心にいい音楽を作ろうとしていたというか。実際にいい作品になったと思いますし。
──『For all the innocence』(すべての無垢な者たちへ)というタイトルが付けられていますが、このタイトルにはどういう意味が込められているのですか?
武田:
このアルバムは3曲目に収録されている「Rabbit」という曲が最初にできて、そこからスタートしたんです。で、その「Rabbit」というタイトルは、実は今年は兎年だし……ぐらいの軽い気持ちで付けたものでして(笑)。でもまあ、自分たちの中から自然に出てきた言葉でもあったので、この「Rabbit」といまの自分たちの状況や気持ちをうまく表現するようなタイトルはないかと考えて、『For all the innocence』というタイトルがいいかなと。
──その時の自分たちの状況や気持ちというと?
武田:
このアルバムを作っているとき、いい意味でいろいろなことを忘れていたんです。例えばポストロックやマスロックのように自分たちの音楽を既定する言葉やジャンルだったり、もっと言えば自分たちがインスト・バンドであるということだったり、そんなことを忘れて、純粋にいい音楽を作りたいという気持ちだけで曲作りに没頭していたんですね。僕たちのそうした感じと動物の"無垢なところ"をひっかけて、『For all the innocence』というタイトルにしようと。あと聴いてくれる人たちにも、これまでの情報とかに捉われずにシンプルな気持ちで聴いて欲しいなっていう願いも込めてます。
──逆に言えば、アルバム制作以前は知らず知らずのうちに何かに捉われてしまっているような部分があったのですか?
武田:
そうですね。実はこのニュー・アルバムに関しては、2作前の「Turns Red EP」の頃から構想があって。「Turns Red EP」、「Illuminate」、『For all the innocence』という段階を踏んでいるんです。で、その前の『Phantasia』というアルバムを作っているときに、まさに自分たち自身を無意識で既定してしまっているような部分があったと思います。LITEは4人で作るものであるとか、マイナーの音階を使うとか、ライヴを前提に曲を作るだとか、また他の方からポストロックとかマスロックと言われたりだとか……、そうならなきゃみたいな部分があった。でも『Phantasia』を作り終えた時に、飽和したというか、そうした部分にもう自分たちが興奮しなくなったというか。そもそもバンドをやりはじめた時のモチベーションって、新しい音楽を作りたいとか、誰も聴いたことがない音を作りたいとか、そういう想いだったはずなんですけど、そういう気持ちを忘れていたというか、何か自分たちが考えるLITE像のようなものに支配されていたなって気が付いて。で、一回新しいチャレンジをしみてようということで、「Turns Red EP」でシンセサイザーを導入してみたんです。で、シンセサイザーを入れたものの目指すところはそこだけではないよなということで試行錯誤した結果「Illuminate」ができて、そこで得た手ごたえをよりもっと高いレベルで実現できるはずだということで、今回の『For all the innocence』があるんです。そういう段階を経てきたので、自分たちとしてもより手ごたえを感じられているというところがあると思います。
──なるほど。三部作じゃないですけど、あらかじめ3作である種の到達点に達するみたいなイメージを描いていたんですか?
井澤:
いや3作とは考えてなかったです。本当は「Illuminate」をアルバムとしてリリースするつもりだったので。でも「Illuminate」だけじゃ収まりきらなくなってしまったので、じゃあ別にアルバムを作ってしまおうと。
──この『For all the innocence』は、「Another World」という曲ではじまり、中盤に「Rebirth(転生)」があり、最後は「Mute Whale」という曲で幕を閉じます。曲名のほとんどに動物の名前がついていたり、リスナーとしては何かストリーめいたものを感じてしまうのですが、曲順やアルバムの流れに関して何か意識ってありましたか?
武田:
具体的なストーリーはないですね。でももちろん流れのようなものは意識してますね。今回はやはりミックスに時間をかけられたことが、そういう部分にも影響していると思います。「いまこういう曲があるから、こういう曲もあったらいいよね」とか常にアルバムの全体像を考えながら、じっくりやることができました。
──曲名に動物の名前がたくさん付いているのは、海外ツアーとかに行った時に壮大な風景などにたくさん出会い、そういうところに由来しているのかなとも思ったんですが?
武田:
いや、それはまったくないです(笑)。
──ちなみに今回のアルバムで一番最初に完成した曲「Rabbit」を作りはじめたのはいつ頃だったんですか?
井澤:
去年の夏くらいですね。ちょうどフジロックが終わったくらい。
武田:
そう考えるとツアーとかもあったけど、1年くらい制作やってたんだなあ。
──その「Rabbit」がリリースされたのが3月なので、その頃にはアルバムの楽曲はほとんど完成していたのですか?
武田:
いや、そんなことはないですね。2、3曲を並行して作ったりしていたので、まだできていない曲もたくさんありました。2曲目の「Red Horsein Blue」は「Rabbit」と同時期にレコーディングをした曲でかなり初期からある曲なんですが、曲構成でどうしても決まらないことなどがあり、試行錯誤しているうちに結局最後までやってました。
──過去作と比べても、本作ではより大胆にエレクトロニック・ミュージックの要素を導入しているのが大きな特徴のひつとになっていると思います。そもそもエレクトロニック・ミュージック系だとどんなものが好きですか?
武田:
ストレートなエレクトロニック・ミュージックっていうわけじゃないですが、バンドでエレクトロニック・ミュージックの要素も取り入れている人たち、例えば最近の4ADとかブルックリン周辺の音は好きですね。本作との関連性で言えば、GANG GANG DANCEのサイケ感みたいなものからもインスピレーションを受けているし、音数の部分で言うとANIMAL COLLECTIVEあたりからもヒントを得ていたり、TUNE YARSみたいなダンサブルでエキゾチックなサウンドも好みですね。あとエレクトロニック・ミュージックならやはりWARP周辺とか。
──WARPだとどのアーティストが好きですか?
武田:
そんなに追ってるわけじゃないですけど、やはりAphex TwinsとかAutechreとかですかね。
 
──そういえば、CDパッケージ初回盤のボーナス・トラックとしてAphex Twinの名曲「FLIM」の人力カヴァーが収録されるとか。
武田:
そうなんです。まだ録音してないですけど(当インタヴュー時はレコーディング前におこなわれたものです)。
──すごい楽しみです。原曲はとてもセンチメンタルな美しい曲ですよね。あれがどう料理されるのか(笑)?
武田:
実はまだ何も考えていなくて(笑)。どんな仕上がりになるのか僕たちも未知数です。
──井澤さんはエレクトロニック・ミュージック系だとどんなものが好きですか?
井澤:
最近だとダブステップ以降の流れとかチルウェイヴ系とか。とにかく新しい音楽が好きなんで、刺激を求めていろいろ探してます。あ、Amon Tobinのニュー・アルバムが良かったですね。サンプリングがすごいことになってて。
──そうした新しい音楽はどうやって探していますか?
井澤:
AmazonとかBeatportの試聴を聴いて、そこからレーベルや関連アーティストを調べて……、みたいな感じで数珠つなぎで探していくのが好きですね。あと海外アーティストのCDの日本盤に入っているライナーノーツからルーツや関連アーティストを辿ったり。昔からずっとそんな感じです。
──これでもLITEは積極的に海外ツアーをおこなってきていますが、そうしたリアルな海外の音楽シーンの現場で得た体験などもバンドの血肉になっていると思います。それってやはり現地に行かないと得られないものでしょうし、LITEというバンドの個性を形成するうえで非常に大きな要素になっていると思いますが、いかがでしょうか?
武田:
もちろんそうだと思います。毎回いろいろな刺激を受けますね。盛り上げ方ひとつとっても日本とは全然違うので。
──海外のほうが盛り上げやすいですか?
武田:
海外は勝手に盛り上がってくれる感じですね。楽と言えば楽です(笑)。
──アメリカをはじめ、ヨーロッパやアジア圏の国でもツアーをしてきたと思いますが、それは日本以外の国どこでもそんな感じですか?
武田:
わりとそうですね。アジアをツアーしたときもかなり盛り上がりました。強いて言えば、台湾がちょっとシャイなイメージでしたけど。
──ライヴの楽しみ方自体が、日本とはまた違うのかもしれませんね。かなり気楽な感じで楽しみに来ているというか。
井澤:
それはあると思います。いい意味で全体的にユルいというか。その日の出演者とかあまり気にしないで遊びに来ている人とかも結構いますからね。逆に日本はどんなライヴ・ハウスにもPAさんがちゃんといて、受付とかチケットの販売システムとかも整備されていて、かなりしっかりしているぶん、お客さんもそれなりに限定されるのかなと。そういうそもそもの環境の違いはあるのかなあと思います。
──海外ツアーではかなり田舎もまわられると思いますが、そういう場所でもLITEのことを知っているリスナーはいるものなのですか?
武田:
実際に相当な田舎にも行ってますけど、どの会場にもちゃんといてくれるもんですね。ありがたいです。この前のUSツアーで出会った19歳の少年なんかは、LITEのことも知っててくれて、あとthe band apartも好きらしく、面白い子だなと思って、いろいろ彼に話を訊いていたんです。で、彼に「海外でも人気のあるMONOとかenvyは知ってる?」って聞いたら、「もちろん! MONOBRIGHTでしょ」って(笑)。本当にすごい日本の音楽シーンに詳しいんですよね。
──だははは。インターネットで独自に情報を収集しているんでしょうね。
井澤:
でしょうね。実際にYouTubeにミュージック・ヴィデオをアップしている曲はライヴでも俄然盛り上がるんですよね。それは特にアジアで顕著でしたね。インターネット上に情報を出した成果のようなものを、海外に行って実感することがありますね。
──なるほど。またすぐにヨーロッパ・ツアーもあります。ヨーロッパ・ツアーはもうこれで4回目になりますので、もう慣れたもんでしょうね。
武田:
何を持って行けばいいかとかはもう大丈夫ですね(笑)。
──今回はどのあたりをまわるんですか?
武田:
アイルランドとイギリスがメインで、その後にフランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクですね。
──移動は何でするんですか?
武田:
現地での移動は車です。フェリーとか使ったり、基本、すべて車で移動しますね。前回のヨーロッパ・ツアーでは自分たちで運転してたんですけど、途中でクラッチを壊してしまったりして(笑)、しかも2回壊して、ようやく運転手をつけたということもありましたんで、今回はその反省を活かし、運転手さんにやってもらいます。
──はははは。いや、だいぶ脱線してしまいましたので、またアルバムの話題に戻しますね。本作では三浦カオルさんをプロデューサーに迎えていますが、実際に彼と一緒に仕事をしてみていかがでしたか?
武田:
先ほども話した"作り込み"の部分で、自分たちだけの力や知識じゃ不足しているところも多かったので、三浦さんからは本当にいろいろなアイディアやヒントをいただきました。すごく大きかったですね。前作の「Illuminate」はJohn McEntireに録ってもらたんですが、彼独特の生々しい質感でのレコーディングはもちろんで、シンセのアレンジや効果的な使い方などもっと突っ込んだコラボレーションをしたかったんですが、時間の制約などもあり満足するまでには至らずだったので、今回はまず三浦カオルさんと思う存分やりたいというのがあって。結果としても本当に満足するものになりました。
──もともと三浦カオルさんとはお知り合いだったんですか?
武田:
三浦さんがやっていたバンドとも対バンしたこともあったし、共通の友人とかもいて、知ってました。なので本作はぜひ三浦さんと一緒にやらせていただきたいなって。
 
──三浦さんを迎え、そうした万全の環境の中、バンドとしてもいろいろ新しいことにチャレンジできたんじゃないですか?
武田:
そうですね。編曲だとかエフェクターを変えたりだとか、細かい部分でもいろいろな新しい試みはありますね。一般的には新しくないかもしれないアイディアでも、いまの自分たちにとって新鮮に思えることなら貪欲に取り入れたいし、そうすることでいまのLITEなら面白いサウンドが生まれるんじゃないかという変な確信もあったりして。
井澤:
そうだね。実はこれまでのLITEって一発録りが絶対だったんですよ。なんでそういう縛りを設けていたのか、いま考えると謎なんですけど(笑)。今回はフレーズだけ録って、それを後から加工して加えるとか、そういうこともバンドとして初めてトライしました。
武田:
録った後にこれだけ時間をかけたことは過去にはなかったですね。
──これをまたライヴでどう表現していくのかと言う部分にも興味があります。
井澤:
録っている時には、ライヴでの表現に関してまでそれほど考えていなかったので、まさにこれからですね。でも僕たち自身もそこは改めて楽しんでできると思います。
武田:
実は僕の中では、密かにライヴのことを意識して作っていた曲もいくつかあって。これはいつも思うことなんですけど、ライヴって「こいつら、なんかスゲエ!」って思わせることが重要だなと感じていて。『Phantasia』の時には"肉と肉のぶつかり合い"というか、演奏力で圧倒するみたいなものがあったし、今回もまた何かを感じてもらえるようなライヴにしないといけないなと。ある意味、音源とライヴがまったく違ったものになってもいいと思うし。今回は今回なりの何かを見せたいですね。
──ちょっと漠然とした質問になるかもしれないですが、いまLITEというバンドにとっての夢というか、目指すべき場所のようなものってどのように考えていらっしゃいますか?
武田:
いま思うのは、常に音源を作り続け、ライヴやツアーをやり続け、それで生活もきちんとまわしていけるようになること。正直なところ、いま生活のすべての時間を音楽に注ぎ込めるわけじゃないので、それを少しづつでも変えていくことですね。
──そういう意味で、LITEの考える理想のスタンスを実践しているミュージシャンっていますか?
武田:
やはりMike Wattは先生だなって思います。ただ僕たちはMike Wattにはなれないというのもわかってるんです。50歳を超えた御大が僕らみたいなバンドと一緒に日本のどさまわりツアーを一緒に廻るとか、床で寝るとか……、あれは選ばれた人しかできないことだなって思います。THE STOOGESで生活もまわせて、自分のツアーもやって、まさに音楽ライフを実践している人。
──国土の大きなアメリカだとそうしたことが成立しやすいという部分もありますよね。
武田:
そうですね。とくにツアーではそれが大きく影響しますね。日本だと街と街が近いから細かく回れば回るほどお客さんが分散してしまう。つまり日本だとやれるツアーの本数がどうしても制限されてしまう。でもアメリカだとかなり細かくツアーしたとしても街と街が離れているから、お客さんがかぶることがほとんどない。50本とかのツアーを平気でできたりする。
──なるほど。ヨーロッパやアジアにしても隣国を回れば、かなりの本数ができますもんね。LITEはそういう部分も含め、あれだけ果敢に海外ツアーをやってるわけですね。
武田:
そうですね。そういう意味でも、これからも世界中に視野を広げて活動をおこなっていきたいですね。
──最後に、これからLITEのライヴを観に来るファンのみなさんにひとこと意気込みをお願いいたします。
武田:
音源とはまた別のものを表現したいと思っているので、ぜひ観にきてください。
井澤:
フロアの後ろのほうの人は無理かもしれないですが、ぜひ僕たちの足元にも注目して欲しいです。結構、今回のライヴではすごいことをやっていると思います。
──ありがとうございました!!
LITEのサイン入りポスター プレゼント
LITEのサイン入りポスターを3名様にプレゼントします。ご希望の方は下記のリンクからご応募ください。
締め切り:2011年9月15日

ご応募はコチラから

注)応募時にNew Audiogramのメールニュース登録をしているメールアドレスでお申し込みください。登録されていないメールアドレスで応募されますと、自動的にメールニュースに登録されますのでご了承ください。登録がまだの方は、この機会にメールニュースに登録(無料)し、ご応募ください。当選者の発表は賞品の発送を持って代えさせていただきます。
LITE : LIVE SCHEDULE
LITE "For all the innocence tour"
DATE : 2011.8.20 (sat)
VENUE : SUNSUI, Osaka
OPEN : 19:00 / START : 19:30
ACT : LITE ※ワンマン・ライヴ
INFO : GREENS 06-6882-1224
DATE : 2011.8.26 (fri)
VENUE : WWW, Tokyo
OPEN : 19:00 / START : 20:00
ACT : LITE ※ワンマン・ライヴ
INFO : HOTSTUFF PROMOTION 03-5720-9999
Re:mix 2011
DATE : 2011.8.21 (sun)
VENUE : CLUB DIAMOND HALL & APOLLO THEATER, Nagoya
OPEN : 13:00 / START : 14:00
INFO : JAILHOUSE 052-936-6041 / http://www.vintage-rock.com/Remix
 
ARABAKI ROCK FEST.11
DATE : 2011.8.28 (sun)
VENUE : MICHINOKU PARK, Miyagi
OPEN / START : 8:00
INFO : GIP 022-222-9999 / http://arabaki.com/
 
RED LINE TOUR 2011
DATE : 2011.9.22 (thu)
VENUE : Osaka BIG CAT, Osaka
OPEN : 18:00 / START : 19:00
ACT : LITE / FACT / the telephones
INFO : SOUND CREATOR 06-6357-4400
 
LITE OFFICIAL WEBSITE
http://lite-web.com/
LITE OFFICIAL MySpace
http://www.myspace.com/liteband