PREMIUM:ココにしかないレアなオリジナルコンテンツが満載!
サンフランシスコのChristopher OwensとChet "JR" Whiteは2009年に世に送り出したファースト・アルバム『Album』に続き、またしても現代のポップ・ミュージック史に燦然とその名を残すだろう素晴らしき傑作を生み出すことに成功した。そう、GIRLSによるセカンド・アルバム『FATHER, SON, HOLY GHOST』がついに完成したのだ。彼らはこの『FATHER, SON, HOLY GHOST』を制作するために、共同プロデューサーにDoug Boehm、ドラムにDarren Weiss、ギターにJohn Andersonを迎え、そして(『Album』は自宅でレコーディングされた)スタジオでのレコーディングを試みた。「ただ僕は自分が感じたことを書いてるだけなんだよ。でも常に、嘆かわしい現実とそこからの希望を曲の中に込めたいとは思っている」とChristopher Owensが言うように、天才Christopher Owensの素晴らしい歌詞とソングライティングはそのままに、だが『Album』とはまた異なる、厚みのある、また変化に富んだ、新たなGIRLSサウンドもたしかに本作で聴くことができる。この素晴らしき『FATHER, SON, HOLY GHOST』について、Christopher OwensとChet "JR" Whiteのふたりがインタヴューに答えてくれた。また10月27日は彼らの待望の来日公演もあるので、ぜひこちらも楽しみにしていただきたい!!

Interview : Naohiro Kato
FATHER, SON, HOLY GHOST / GIRLS
YRCG-90062 2,300 (tax in)
2011.9.7 on sale
iconicon
  1. Honey Bunny
  2. Alex
  3. Die
  4. Saying I Love You
  5. My Ma
  6. Vomit
  7. Just A Song
  8. Magic
  9. Forgiveness
  10. Love Like A River
  11. Jamie Marie
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録
GIRLS / Vomit
<GIRLS 『FATHER, SON, HOLY GHOST』 Interview>
──新作『FATHER, SON, HOLY GHOST』、本当に素晴らしかったです。あなたたち自身の新作に対する手ごたえはどのようなものですか?
Chet "JR" White:
まずアルバムが完成してホッとした。そしてすごく興奮している。ツアーに出るのも楽しみだね。前回のツアーは1年半ぐらいにわたるものだったから、最後のほうは、本当に疲れ果てて、燃え尽きたって感じだった。でも、こうやって新しい作品を作り、リフレッシュすることができたから、いまは新しいメンバーと新しい曲をプレイするのが楽しみなんだ。完成したすぐ後は、とにかく気分がよかった。純粋に自分たちが満足できるかどうかだけを考えていたから、その通りに出来上がり嬉しかったんだ。
──1年前にEP「BROKEN DREAMS CLUB」のリリースもありましたけれども、ファースト・アルバムの『Album』を発表してからの2年間というのは、あなたたちにとってどのような時間でしたか?
Christopher Owens:
特に大きな変化はないけど、こうして今でもファンのために音楽を作り続けられるなんて、本当に幸せだと感じているよ。
──本作では共同プロデューサーにDoug Boehmを、さらにドラムにDarren Weiss、ギターにJohn Andersonを迎えてのレコーディングとなりましたが、彼らの参加はあなたたちの作品に何をもたらしたと思いますか?
Chet "JR" White:
John Andersonと会ったのは、もうずっと前。しばらく一緒にプレイしてたけど、彼はツアーに出るのが嫌でバンドを離れていったんだ。で、今回また戻ってきたいっていうからライアン(前のギタリスト)が抜けたこともあって、レコーディングの時は一緒にプレイしたんだ。友だちだし、とりあえずアルバム作りには彼が最適のギタリストだってわかってたから、彼を使ったんだよ。
──ドラムのDarren Weissとの出会いは?
Chet "JR" White:
僕たちが前にJulian Casablancasのバンドと一緒にツアーをやってたときに、彼にドラマーを探してるんだって話したら、Darrenの番号をくれたんだ。で、彼のドラムを見た瞬間、最高だと思った。パズルでずっと見つからなかったピースがようやく見つかって、ピタっとハマったって感じだった。
──ふたりの起用はバッチリだったんですね。
Chet "JR" White:
ああ、とても良いことだった。ふたりだけの時よりも、バンドがベターになるからね。またDoug Boehmに関して言えば、以前に大きな作品で作業をしたことがある人を今作では起用したいと思っていたんだ。Dougは前に、Tom RothrockやRob Schnapfと一緒に作業したことがあって、Elliott Smithのレコードに携わってたんだ。他にも色々あるけど、今は思い出せないな……。調べてみて。すぐに出て来るはずだから。とにかく、いろんな経験があって、90年代に大成功している。そんなプロフェッショナルなレベルで活躍していた人を起用したかったんだ。彼は適任だったんだよ。最初はエンジニアだけやってほしいと思ってたんだけど、彼がサンフランシスコに1ヶ月だけ引っ越してきたときに友達になって、しょっちゅう話すくらい近い存在になったんだ。彼とは本当に気楽に会話ができるんだよね。
──Doug Boehmとの仕事はバンドもとって非常にいい影響があったようですね。
Chet "JR" White:
そうだね。彼はレコーディング・セッションの管理を経験してるから、流れをちゃんとわかっている。動きがスムーズだったし、彼のおかげで俺たちはあまりいろいろ考えなくて済んだしね。流れをコントロールしてくれたから、オーガナイズがしっかりできてたんだ。彼の存在は本当に助けになったよ。で、最初はエンジニアだったんだけど、だんだんいろいろやってくれるようになって、最終的にはプロデューサーになったって感じ(笑)。そもそもDougを選んだのは僕なんだ。エンジニアを探してて、誰か知らないか皆に聴いてたら、知り合いが彼の名前を教えてくれたんだ。彼と会ってみると、すっごいポジティヴな人で、すごく話し易かった。で、会った時にデモを聴かせたんだ。で、Christopherに電話したんだ。この人にしようってね。性格がマジで良くて、信頼できたんだよ。
──アルバム名の『FATHER, SON, HOLY GHOST』に込めた意味を教えてください。
Christopher Owens:
このタイトルは、聖書からの引用なんだ。アメリカの人々にとっては誰でも知ってる御馴染みの言葉で、イエスと精霊と神は三位一体ということを表している。まあ、みながすでに聞いたことのあるフレーズ、というのがこのタイトルにしたひとつの理由だよ。で、もうひとつの理由は、このアルバムは自分にとって……、というか、このアルバムだけじゃなくて全てのアルバムがそうだけど、どんな作品でも、Origin(原点)とIdentity(アイデンティティ)、そしてSpirit(魂)があると思うんだ。だから、俺にとってFather、Son、Holy Ghostの3つは、原点、アイデンティティ、魂を意味してるんだ。だからこのタイトルが適当だと考えたんだ。
──あなたちの生い立ちやハメを外していた時期のことなど、メディアによってはあなたたちのスキャンダラスな部分ばかりにフォーカスしたがる人たちも多いですが、現在のあなたたちの実際のライフスタイルとはどんなものでしょうか?
Christopher Owens:
前までは、サンフランシスコに住む同じ沢山の仲間たちと毎日、毎晩あそんでたんだ。けど、僕らはツアーに出たりして、たくさんの友だちを失ったんだ。全くといっていいほど家にいなかったからね。だからライフスタイルが僕らの音楽に直結していることはないよ。
──Christopherの歌詞には、「愛を求めることの苦しさ、でもそれでも自分は愛を求めてしまう」というようなことが、根底のテーマとしてあるような気がしますが、歌詞のテーマになっているものはなんですか? もしくは歌詞を書く上でもっとも大事にしていることはなんですか?
Christopher Owens:
あんまり考えてないからね。ただ僕は自分が感じたことを書いてるだけなんだよ。でも常に、嘆かわしい現実とそこからの希望を曲の中に込めたいとは思っているよ。
──「Honey Bunny」(の一部)だったり、「My Ma」といった楽曲には、母親への愛についての歌詞があります。あなたにとって母親の存在、あるいは母親の愛というものはどんなものですか?
Christopher Owens:
僕と母さんは親しいけど、複雑なんだよね。同じ街に住んでないし、僕はすごく忙しいし。恋しいってことを彼女に言いたいんだ。自分の人生に、母さんが必要だってね。「My Ma」の歌詞は本当にシンプルで、母親ともっと近くなれたらいいのに、っていう願いを書いたんだ。もともと最初に家をでた時には、自立することが目的だったんだ。、家を出たからこそ出来ることがたくさんあったし。でも今はそういうのを超えた。だから母さんの存在がすごく恋しいんだ。
 
──ポップ・ミュージックには様々なカタチがあると思います。いま現在世界で数千枚売れているけれども、1年後には誰も聴いてないポップ・ミュージック。現在世界で1万人にしか聴かれていないけれども、その1万人が一生聴き続けるというポップ・ミュージック。僕はGIRLSの音楽は後者だと思っているんのですが、あなたたちが目指すポップ・ミュージックのあり方ってどんなものですか?
Christopher Owens:
たしかに僕たちは自分たちのことを“ロック・バンド”ではなく“ポップ・バンド”だと思っている。ポップ・ミュージックの在り方なんてことは僕にはわからないけれど、僕はアートにはファン(オーディエンス)が絶対に必要だと思っているんだ。作り手はファンのために頑張ろうと思えるからね。だから、さっきの質問の通り、ファンのために音楽を作り続けていければそれでOKなんだ。本当にそれだけだよ。
──今日の気分で答えていただきたのですが、あなたがこれまで生きてきて、最も愛聴し、大好きだと言えるアルバムを3枚教えてください。
Christopher Owens:
Michael Jacksonの『Dangerous』。
──少し昔の話になってしまうのですが、あなたがサンフランシスコに移ってきた当時、AIEL PINKやHOLY SHITと一緒にギグをしたりして、彼らから非常に大きな影響を受けたと聞いていますが、その当時あなたがのめり込んでいたサンフランシスコのローカルなシーンというのは、どんなものだったのでしょうか? 。
Christopher Owens:
僕はどこのシーンにも属してたなかった。というか、属したくなかったんだ。当時の僕は、画家になりたかったからね。音楽なんてやっていなかったし、特に誰も好きじゃなかった。引っ越してきた時、ついに文化のメッカにきたぞ! 素晴らしいパーソナリティを持った人たちに囲まれた毎日が始まるんだ! と思った。だけど、音楽は意識してなかったし、はじめの頃はどのバンドも好きじゃなかったんだ。HOLY SHITには大きな影響を受けたけど、それはシーンじゃなくて彼ら自身に影響を受けただけ。自分がいいなと思った最初のバンドだったんだ。前の彼女がカセットテープを聴いていて、いいなと思ったから、何を聴いているの?ってきったら、それがHOLY SHITだったんだ。シーンはあったけど、全然関わっていなかったね。僕がついていってたのは、何かのシーンの中のアリエル・ピンクじゃなくて、アリエル・ピンクそのもの。で、そのあとたまたまマット(HOLY SHIT)に会って、彼のバンドに入って、インスパイアされたんだ。
──AIEL PINKやHOLY SHITといった人たちのどういう部分に惹かれ、どのような影響を受けたのか詳しく教えていただけないでしょうか?
Christopher Owens:
当時の僕は、彼のことをこの世の中で一番のソングライターだと思ってた。彼は本当にクレイジーで、天才なんだ。彼は、普通のバンドが1枚のアルバム全体で表現するアイディアを、たった1曲で表現できてしまう人。僕は、彼を現代のモーツアルトだと思ってる。彼は、超、超、賢いんだ。彼は1曲で、彼の血に流れてる10のアーティストを表現できる。自分にはとても無理だね。自分はまた別のことをやってるからそれでいいけど。
──最近、好きなバンド、アーティストがいたら教えてください。
Christopher Owens:
The Beatles, The Monkeys, Randy Newman, Fleetwood Mac, Smashing Pumpkins, James Iha のソロ, Nick Cave, Ottis Redding。
──最後に、10月27日に渋谷のDUO MUSIC EXCHANGEにて待望の来日公演があります。この来日公演、本当に楽しみにしています!! この日はどんな編成でのライヴになりますか? またこの日の意気込み、日本のファンへのメッセージをお願いいたします!!
Christopher Owens:
さっきの質問の通り、こうして今でもファンのために音楽を作り続けられるなんて、本当に幸せだと感じているよ。
GIRLS Live Schedule
GIRLS JAPAN LIVE 2011
DATE : 2011.10.27 (thu)
VENUE : Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE, Tokyo
OPEN : 18:00 / START : 19:00
INFO : CREATIVEMAN 03-3462-6969
GIRLS
USカリフォルニア出身。メンバーは、カルト教団の中で育った屈折した幼少期の反動から無垢で純粋な曲を書き上げるソングライター、Christopher Owensと、プロダクション/スタジオ・ワークの両面から彼を支えるChet "JR" Whiteの2人。クラシカルなカリフォルニア・ポップにローファイなフレイヴァーをかぶせた2009年リリースのデビュー・アルバム『Album』は、“ローファイ・ペット・サウンド”とも評され、その後のUSインディ・ギター・ポップの流れを作る歴史的な作品となった。2010年10月にはEP『Broken Dreams Club』をリリース。宅録であった前作とは異なり、バンドは初のスタジオ・レコーディングを実施。こちらも大きな評価を獲得。来たるべくセカンド・アルバムへの期待を大きく膨らませる作品となった。この度、待望のセカンド・アルバム『FATHER, SON, HOLY GHOST』がいよいよリリースされる!!
GIRLS JAPAN OFFICIAL WEBSITE
http://www.bignothing.net/girls.html
GIRLS OFFICIAL MySpace
http://www.myspace.com/girls