PREMIUM:ココにしかないレアなオリジナルコンテンツが満載!
New Audiogramの5周年を記念し、12月2日に渋谷O-EASTにて開催される"New Audiogram ver.5 -New Audiogram 5th Anniversary- "!!今回はその開催を記念し、メインステージへ出演する3組によるスペシャル鼎談を実施!!LOW IQ 01 & MASTER LOWからLOW IQ 01氏、ASPARAGUSから渡邊忍氏、そしてヒダカトオル氏の3名に登場いただき、大いに語っていただいた。それぞれがバンドを結成した90年代、そして00年代を経て、現在に至るまで、シーンの最前線で活躍を続ける3組がどのようにその時代を過ごしてきたのか、かなり読み応えのある内容になってます!!
また記事後半には3人からのスペシャルなプレゼントもあるので、お見逃しなく! さらにこの前編に続き、当日のライヴの内容について語っていただいた鼎談(後編)も近日公開しますので、そちらもお楽しみに~!!


Interview : Ryosuke Arakane
Photo : Ryo Nakajima (SyncThings)
Special Talk Session コメント・ムーヴィー
Information
New Audiogram ver.5への意気込みを
お三方に語っていただきました!!
New Audiogram ver.5
-New Audiogram 5th Anniversary-

DATE : 2011.12.2 (fri)
VENUE : Shibuya O-EAST, Tokyo
OPEN : 18:00 / START : 19:00
ACTs :
-MAIN STAGE-
ASPARAGUS
ヒダカトオル(BAND SET)
LOW IQ 01 & MASTER LOW

-SUB STAGE (ACOUSTIC LIVE)-
荒井岳史 (the band apart)
村松拓 (Nothing's Carved In Stone)

TICKET : adv 3,800yen (tax in) / door 4,300yen (tax in)
※入場時、別途ドリンク代500円をいただきます。

※各プレイガイドでにてチケット発売中!!
チケットぴあ 0570-02-9999 (P コード:153-636)
ローソンチケット 0570-08-4006 (L コード:77626)
イープラス

New Audiogram ver.5 特設ページ

<LOW IQ 01×渡邊忍 (ASPARAGUS)×ヒダカトオル Special Talk Session(前編)>
12月2日に開催されるNew Audiogramの5周年イヴェントに出演する3人に、今日はざっくばらんに語ってもらいたいと思っています。今年"AIR JAM 2011"が開催されたこともあり、改めて90年代について振り返っていただきたいと思っているんですよ。ただ、BEAT CRUSADERS(ビークル)は、97年結成ではありますけど。
意外と遅いもんね。
吉本方式だったら、完全に後輩(ヒダカ)だよね。俺は若い頃からいるけど(笑)。
90年代はそれぞれ違う感じでやってて、01君は"AIR JAM"世代と言いますか。
旧・新宿LOFT組というイメージがありますね。シノッピ(渡邊)はCAPTAIN HEDGE HOG(キャプヘジ)ではギリ間に合ってたでしょ?
出てましたね。
俺は間に合わなかったもん。
俺、初めてキャプヘジ観たのは旧・新宿LOFTだもん。
俺たちがお客さんで見ていた旧・新宿LOFTが良くも悪くも変わった時期だよね。我々も出れる、友達も出てた、みたいな空気になってきた気がする。90年代に旧・新宿LOFTに出ていた人たちがメジャーに行って、やっと俺たちの出番が来たみたいな。俺、BEYONDS観に行ってたもん。そのときに印象的だったのが、モッシュやダイブでもなく、手を挙げてノッてたんだよね。ちょっとミクスチャーの流れもあって、ヒップホップ好きにな人もいるみたいな。そこが斬新でカルチャー・ショックを受けた。
ウチら90年代はドンピシャの世代だけど、90年代の頭の頃は観に行っていたイメージの方が強いかな。旧・新宿LOFTはビート・パンクの聖地みたいなイメージがあったしね。90年代はBEYONDSを観ていた記憶もあるし……。
もう市川君(LOW IQ 01)は出てたでしょ? アイゴン(會田茂一)と一緒にやっていたACROBAT BUNCHで。当時の対バンは誰でした?
意外なところだとTHEATRE BROOK、あとはWRENCH、Hi-STANDARD、COKEHEAD HIPSTERSとかだね。
メロディック・パンクどうこうじゃなくて、ミクスチャーって感じだったよね。
まだ日本にメロコアという言葉がなかった時期で、BEYONDSもそう言われてなかったけど、メロディアスだったし、それからSNUFF、HARD-ONSが海外から来て、「Snuffy Smile」(レーベル)が盛り上がって、90年代初頭はその辺が母体だった気がする。
外から見ていたイメージは、横のつながりがバーッと広がった気がしますね。俺みたいにギターポップ側にいた人も集合して、雪ダルマ形式に大きくなっていくという。
意外と音楽的に入りやすかったのかもしれない。パンク、ハードコア、ギターポップ好きな人も、ちょっと紐解いてみると、つながる部分があったりしたから。わかりやすく言うと、90年代初頭は渋谷系と言われた時代があって、ギターポップにも実際そういう流れが組み込まれているから。
 
単品で話していると、みんな全然趣味が違うんだよね。だけど、集まると、レッチリ、FISHBONEとか共通言語が少しずつある人たちが集まっていたから。
(渡邊を見て)喋れっ(笑)!
いやあ、2人がすっごい喋るから。
はははは、おじさんチームだから。
年齢的にしょうがないんだけどね(笑)。
アイゴンなんて、MARCHOSIAS VAMPのさとけん(佐藤研二)さんと一緒にバンドをやってたんだから。大先輩すぎちゃって(笑)。
だから、アイゴンと一緒にやっていたときは、俺なんて最年少だからね。10代の終わりから20代の頭までやってたからねぇ。あれから20年経っちゃった(笑)。
シノッピはまだ暴走族をやっていた頃(笑)?
今や人に曲を書いて、そのアルバムが1位になる凄い作曲家になってしまったけど。
ははははは。まあ、ほんと90年代はいろいろありましたねえ。
横浜は独特だったでしょ?
いや、結構サックリしていたというか。僕も傍から見ながら、なんとなく近くにいた雰囲気ですから。2人が言ってることは信憑性がありますよね。
何年生まれだっけ?
僕は(昭和)49年ですね。
そっか、TAKA(BACK DROP BOMB)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)と一緒か。
やっぱり横浜のシーンは、HUSKING BEEのレオナが最初に持ち込んだ感じだよね。
社交的だったよね。いろんなところに顔を出してたからね。
SHERBETのマコ(渡辺誠)とかも横浜チームだもんね。
ちょうどHi-STANDARDの下の世代のバンドが一気に増えたんだよね。俺らが旧・新宿LOFT、代チョコ(代々木チョコレートシティ)、下北でライヴをバンバンやっているときに、横浜クラブ24で次の世代がバンバンやっていたイメージなんだよね。
 
キャプヘジの結成は93年になりますけど、その頃はどんな感じでやってました?
いやあ、世の中をナメていたというか。真剣味もなかったし、あんまり90年代は語りたくないですねえ(笑)。
ネガティヴ発言、やめろよー(笑)!
ははははは。
いやいや、それなりに楽しくやらせてもらってましたけど。
恥ずかしい感じ? キャプヘジは大体キャップ被ってたもんね。
はははは。恥ずかしくはないんですけど、何だろ、HUSKING BEE、SHERBET、BACK DROP BOMBも友達だけど、既にツアーに回っていたし。キャプヘジは都内でライヴをやってたぐらいだから、同じ次元で語るのは申し訳ないというか。で、SHERBETが解散して、REACH、THUMBが出始めた頃に僕らもツアーに連れて行ってもらえるようになって。それぐらいですかね、バンドっぽくなってきのは。
今考えると、よくツアーできてたよね。ネットもそれほどなかったし、ほんとクチコミの世界だもんね。
そうですね。そういう意味でも徐々に馴染んできたというか。
いい言い方をすると、キャプヘジを最初に観たときの印象はHUSKING BEE、SHERBETとは違うなと思って。キャプヘジはクリーンな音で、ギターポップな雰囲気もあり、8ビートのイメージがあって。USタイプのバンドは多かったけど、UKのテイストもちゃんとあるバンドだなと。いい意味で時代がやっと追いついてきて、逆に言えば、ちょっと早すぎた音だったんじゃない?
いやいやいや。
コード進行とかすごく難しいもんね。
凝ってたよね。アコースティック1本でもイケるようなバンドだったなと。ただ、当時メロコアの中に入ってしまうと、大人しく感じたちゃったのかもしれないけど、優れてるなあと思って。00年代に入って、頭角を現し始めて……すぐ解散しちゃったけどね(笑)。
ははははは。
いちばんいいときに、やめちゃったもんね。
あれはあれでいい思い出ですよ。当時は一緒にやってたけど、ウケなかったですもん。解散寸前ぐらいに少し支持されたかなと思うくらいで。
もったいないと思った(笑)?
 
いや、それはないですけど。まあ、それこそビークルと一緒にスプリットも出せたし。ビークルもまたメロコアとは違うニュアンスで出てきましたからね。
ウチは最初の頃、POLYSICSと対バンしてたもん。ちょっとピコピコした人たちにみたいな。
千葉のイメージがあるよね。あと、鍵盤が入っていたのも大きいよね。
最初はSNUFFっぽいオルガンびゃー!みたいな発展形で、WEEZERぽい印象も入ってきて、それを同時進行でやれたらなと。
斬新でしたよね。みんな新しかったから。
90年代はみんな仲いいけど、被っちゃいけないと思い始めたときかもね。ビート・パンクはジャンルの統一感はあるけど、90年代は統一感はなくても、一緒にやってるみたいな。SUPER STUPIDとWRENCHは音楽的に全然違うけど、一緒にやっても違和感はないし。もしかすると、80年代のインディーズ界に戻ったのかも。有頂天、LAUGHIN' NOSE、THE WILLARDは全然違うけど、一緒にやってるみたいな。
やっぱりビークルの出現は驚きましたよ。鍵盤入れていいんだ!って。鍵盤入れてもパンクでいいんだと思って。01君のSUPER STUPIDの音源を聴いたときもすごく幅広いし、こんないろんなことやっちゃっていいんだって。2人はそういう意味で斬新なことをやってますよね。
世代もあるだろうしね。ビークルは前期、後期とあって、前期のイメージで言うと、そんなに2ビートは多くないんだよね。"AIR JAM 2000"でHi-STANDARDが活動休止した頃ぐらいにビークルが出てきて、ウチらが"BAD FOOD STUFF"ツアーをやった頃にビークルを呼ぼうとなって。ビークルの音源を聴いたとき、またウチらの周りにいなかった音楽だなと思って、00年の始まりを感じましたね。
90年代後半にかけて、一気にいい意味で何でもありになったというか。
何でもありになりましたよね、ほんとに。
俺のソロも99年に出したけど、ジャンル関係なしに、あれもやりたい、これもやりたいって感じだったからね。まあ、90年代はバンドができて、CD出せたら幸せみたいな。
 
90年代の最初は音楽が本職になるなんて、思ってないもんね。00年を超えてから、職業としてやっている意識が芽生えてきたんじゃないかな。
誤解をされると困るんだけど、気持ち的には学園祭の延長でやっていたような感覚だから。でも00年以降は単体でツアーが行けるようになって、徐々にプロ意識が出てきたというか。
90年代は、俺たちを含めて素人の時代だったのかもしれない。アマチュアが面白かった時代なのかなって。
気持ちだけで行けてたからね。
00年代に入ると、だんだん遊んでいたことに後悔するという(笑)。
ははははは。
コツコツやっとけば良かった(笑)?
たまに打ち上げ命みたいになっちゃうこともあるけど。
それ、羽沢(元GREEN GIANT~THUMB~SEXER~SLIME BALL~現BLACK BUCK)だけどね(笑)。「おまえまだこんなノリしてるの?君、時間止まってるね!」って。ビックリしたもん。たまにRUDE BONESと対バンすると、リハ前に楽屋から「プシュ!」って音がするからね。そういう意味で羽沢も止まってて、面白かった(笑)。
00年代に入ると、通用しなくなってくるような気持ちが芽生えてきて。
危機感が出てきたんですかね?
危機感とはまた違うかもしれないけど、自分も納得しないし、いろんな意味でずっと続けていける感じがしなくて。
向上心が出てきた?
ストイック・スイッチが入ったんじゃないの?
ずっとやっていくのであれば、もっと考えなきゃいけないなと。あと、自分たちよりも下の世代のバンドの方が、絶対的にうまいんですよ。
ははははは。
それは90年代に遊んでいたしわ寄せが来たなと(笑)。危機感というか、こんなに下の世代がうまいんだから、これじゃあマズいと思って。気合いだけではここまで長くできないですからね。両方ないとダメだなと。
90年代インディは確かに気持ちの問題だったからね。まさかビジネスになるとは思ってなかったし。だけど、実際やってみて、ある程度職業になるのかもと思ったときに、この2人は簡単にメジャーを選択しなかったでしょ。それが凄いなと思って。俺は古いから、メジャーに行って給料もらわないと不安だったから。
 
俺は逆だったのよ。メジャーに行って……俺がいちばん嫌なのは納期なのよ。納期があってケツを叩くタイプもいるけど、俺はそうしちゃうと、自分らしい音楽じゃなくなってしまう不安があって。無理やり自分を納得させて、未完成なものを完成したフリするのが嫌だった。それなら、自分のペースで出したいときに出したいと思ったから、インディーを選んだところもあって。07年ぐらいに俺はメジャーに行ったけど、それもディスク・ユニオンさんに「そろそろ卒業してください」みたいなニュアンスで言われて(笑)。ここにいるよりも、むしろメジャーに行った方がいいですよって。俺もヒダカも30代で00年代に入れたから、これが5年早かったから、まだキャッキャッやっていたのかもしれないけど。
浮ついちゃってたのかもしれない。大器晩成ですから(笑)。
いろんなものを見て、うまい具合にHi-STANDARDのおこぼれを持って行くのか!って。
はははははは。
Hi-STANDARDやみんなの食べカスをさらっていくと(笑)。00年代は年齢も上がって冷静に考えられてたかもね。逆にシノッピは20代でキャプヘジを始めて、メジャーからの誘いもあったと思うんだけど。
実際、メジャーからオファーはあったんですか?
ちょっとはありましたけど、そのときは3P3B(レーベル)もあったし、そこまでと思ってましたからね。結局、2人はメジャーに行きましたけど、僕はメジャーのプレッシャーみたいなものに打ち勝てる強さが自分にはないんですよ。
でも(木村)カエラの納期はちゃんと守ってるでしょ?
だから面白いのは、ASPARAGUSのアルバムは何年も遅れているのに(笑)、カエラちゃんに対しては客観的に見ているんだよね。それはそれで器用だと思うけどね。あと話は変わるけど、CDが売れない売れないと言うけど、街中で普通に高校生が楽器持ってる姿をよく見るんだよね。
アニメから来たバンド・ブームみたいなのはありますよね。
うん、遊び道具としても実際楽しいんだろうね。俺、00年に入ったときにバンドマンが少なくなるのかなと思ったけど、全然そんなことなくて。
DJや打ち込みやる人が多くなるのかなと思ったけど……。
自分で弾いて、自分で音を出すものは残るんだなって。俺らは、たまたまいい時代に現場にいさせてもらえたなと思って。
どうなろうと、みんな変わらないですよね。
やっていることは大きく変わってるわけじゃないもんね。
LOW IQ 01×渡邊忍 (ASPARAGUS)×ヒダカトオル Special Talk Session(後編)はコチラ
LOW IQ 01×渡邊忍 (ASPARAGUS)×ヒダカトオルのサイン入りポラロイドを5名様にプレゼント!!
LOW IQ 01×渡邊忍 (ASPARAGUS)×ヒダカトオルのサイン入りポラロイドを5名様にプレゼントいたします。それぞれこの世に1枚だけの貴重な品です!! ご希望の方は下記のリンクからご応募ください。
締め切り:2011年12月31日

ご応募はコチラから

注)応募時にNew Audiogramのメールニュース登録をしているメールアドレスでお申し込みください。登録されていないメールアドレスで応募されますと、自動的にメールニュースに登録されますのでご了承ください。登録がまだの方は、この機会にメールニュースに登録(無料)し、ご応募ください。当選者の発表は賞品の発送を持って代えさせていただきます。
ASPARAGUS
2002年2月結成。渡邊忍(Vocal & Guitar)、一瀬正和(Drums & Vocal)、原直央(Bass & Vocal)からなる鉄壁の3ピース。心を震わす良質のメロディ、そのメロディを活かす洗練されたアレンジのセンス、癖になる甘いヴォーカル、卓越した演奏力の4大要素を見事に兼ね備えた希有なバンド。
http://www.3p3b.co.jp/bands/asp.html
ヒダカトオル
1968年生まれ。1997年、BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)を結成。インディ時代から絶大な人気を集め、2004年メジャー・デビューを果たす。多くの野外フェスへの出演や、自主企画"BOYZ OF SUMMER"を企画するなど、精力的なライヴ活動を展開。2010年9月4日のフェスにて散開。バンド活動休止後は、様々なアーティストのプロデュースや、個人の活動を展開し昨年12月に突然のMONOBRIGHTへの加入を発表しメンバーとしても活動する。また今年の秋からはヒダカトオルとフェッドミュージックというAORをテーマにした新UNITも立ち上げ音源をリリースするなど精力的に活動中。
http://www.hidakatoru.com/
LOW IQ 01
10代から数々のバンドでベース、ヴォーカルなどを担当。曾田茂一と組んだ伝説のバンド、アクロバットバンチ、Hi-STANDARDと並び"AIR JAM"世代を牽引したSUPER STUPIDを経て、99年からはソロ活動をスタート。1stアルバム『MASTER LOW』(99年)を皮切りに、4枚のアルバムの他シングル、ミニ・アルバム、DVDを発表。またFRONTIER BACKYARDのメンバーや松田"CHABE"岳二(CUBISMO GRAFICO / CUBISMO GRAFICO FIVE)等で編成されたLOW IQ 01 & MASTER LOW、恒岡章(CUBISMO GRAFICO FIVE)との爆音2人組ユニットLOW IQ & THE BEAT BREAKER、さらにベースに村田シゲ(口口口 / CUBISMO GRAFICO FIVE)を擁したトリオ編成のLOW IQ & THE RHYTHM MAKERSとしてライヴ活動を展開。ワンマンの他、日本を代表するフェス、イヴェント等に多数出演している。2009年10月10日にはソロ活動10周年を記念するイヴェントをBRAHMAN、ACIDMAN、Ken Yokoyamaを迎えてJCBホールにて行い大成功を収めた。2011年4月に5枚目のオリジナル・アルバム『MASTER LOW GO』をリリース。
http://www.lowiq01.jp/
http://www.myspace.com/lowiq01