BLOG:さまざまなアーティストの日常を垣間見る。アーティストブログポータル!

FILE-UNDER RECOMMEND 【January】
[2011-01-31 15:53]

110131_pascal.jpg

PASCAL PINON / S / T (LP / CD)

 iconicon j_link.jpg

LALI PUNA、IT'S A MUSICAL、TELEKINESISなど、エレクトロニカからインディ・ロックまで広くリリースするドイツの優良レーベルMORRから、アイスランド・レイキャビクの16歳双子ガールズ・デュオ、PASCAL PINONのデビュー・アルバム。先行シングルの時点ですでに相当話題になっていましたが、期待を裏切らない素晴らしい作品を届けてくれました。アコースティック・ギターを中心に、フルート、シンセサイザー、グロッケンなどさまざまな楽器によって奏でられるチャーミングなアンサンブルと、イノセントでありながらもちょっぴりビターなふたりのハーモニーで綴られるほのぼのとしたベッドルーム・フォーク集。16歳という彼女らの等身大のフラジャイルな世界観が見事に描かれていますね。この時期、暖かい部屋でおいしいお菓子と紅茶でもいただきながら聴きたい1枚です。


110131_dreadialy.jpg

DREAM DIARY / You Are The Beat (CD)

 iconicon j_link.jpg

THE PAINS OF BEING PURE AT HEARTの衝撃を超えるかもしれない最高のデビュー・アルバムが登場。VIVIAN GIRLSのメンバーと共にCOASTINGでも活動するMadison Farmerが在籍するNYブルックリンの3ピース、DREAM DIARY。輸入盤のリリースもありますが、ここではアートワークが少し異なる日本盤でご紹介します。なぜならボーナス・トラックとして、ヴァセリンズの名曲「SON OF A GUN」の最高カヴァーが収録されているから! 肝心のサウンドの方は、POBPAHのピュアなギター・ポップをよりキュートでキラキラしたネオアコ・サウンドにした感じでしょうか。初期のCREATION RECORDSや、伝説のSARAHレーベルのバンドにも通じる爽やかさと繊細、蒼い疾走感も兼ね備えた、まさしく"胸キュン"な1枚。まだ早いけど、2011年ベスト候補のひとつになるだろうと確信させる素晴らしいアルバムです。


110131_captivehearts.jpg

CAPTIVE HEARTS / HUMMINGBIRD (CD)

 iconicon j_link.jpg

瑞々しいネオアコ・サウンドで人気を博し、2008年のサマー・ソニックを含み、2度の来日も果たしたTHE TROUBADOURS。残念ながら解散してしまいましたが、フロントマンのMark Frithがニュー・バンドを始動。それがこの4ピースCAPTIVE HEARTSです。本国イギリスではダウンロードのみだったミニ・アルバムが日本のみで嬉しいCDリリース。Paul Wellerが"英国伝統メロディの至宝"絶賛、THE STONE ROSESやRADIOHEADなどを手掛けた名プロデューサー、John Leckieには「10年に1人の逸材」と言わしめたMarkの成熟したソングライティングがよみがえる最高の1枚。Mark Frithの声質は、The La'sのLee Maversそっくりですが、そのThe La'sをはじめ、ステアーズやシャック、THE COARLやTHE STANDSなど、マージー・ビートの影響下にあるバンドのファンの方には間違いない、まさしく「タイムレス・メロディ」な超レコメンド盤。


110131_thesoftmoon.jpg

SOFT MOON / S / T (LP / CD)

j_link.jpg

BLANK DOGSが主宰するNYブルックリンの注目レーベル、CAPTURED TRACKS。怒濤のリリース・ラッシュでフォローするのも大変ですが、まだまだその勢いは衰えそうにもありません。サンフランシスコのLuis Vasquezくんによるダーク・ウェイヴ・ユニットSOFT MOON、2枚のシングルを経てついにデビュー・アルバムがリリースされました。JOY DIVISION~初期NEW ORDERを思わせる、ダークでネオサイケなポスト・パンク、美しいレイヤーを描くシューゲイズなギターとシンセ、クラウトロック的な淡々とした反復ビート、近年のゴス/インダストリアル、ミニマル・ウェイヴから、淡いサイケデリックまで、様々なエレメンツを内包した漆黒のダーク・ウェイヴ。上手く言葉に出来ないんですが『PORNOGRAPHY』の頃のTHE CUREと80'sコールド・ウェイヴがミックスされたような、かなりのオリジナリティを持ったサウンドを展開しています。


110131_footvillage.jpg

FOOT VILLAGE / de!nial / Split EP (CDR)

j_link.jpg

当店の地元、名古屋から期待のニュー・レーベルをご紹介。VIVIAN GIRLSの名古屋公演のオーガナイズも務めたノイズ・ユニットVIVID BLACKが主宰するインディ・レーベルA GHOSTLY GHOST PRODUCTIONSの第1弾リリースは、LAのヴェニューTHE SMELL周辺シーンのリーダー的存在FOOT VILLAGEと東京発エレクトロ・パンク・アウトフィット、すでに海外リリースの経験もあるde!nial。4人のドラマーのみ(!)からなるFOOT VILLAGEは、同じくLAのHEALTHを思わせる原始的なトライバル・ビートと凶暴なスクリームがスリリングに飛び交う破壊力満点なポスト・ハードコア・サウンド。対するde!nialも、カオティックな8ビット・エレクトロとテクノ・ポップの絶妙なブレンドを聴かせ、お互いの相性も抜群の1枚です。当面は、日本 VS 海外のバンドというスプリット・シリーズでのリリースとなるそう。今後も期待大ですね。


■編集後記■

遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願いいたします。ショップFILE-UNDER、レーベルのKNEW NOISE RECORDINGSともども、本年もアクティヴ&アグレッシヴに動いていけたらいいなと思ってます。昨年12月にもご案内させていただきましたが、2月5日にはNYの重鎮LIARS(対バンは、凱旋帰国ツアー中のBO NINGEN!)の名古屋公演のサポートもさせていただきますのでぜひご来場ください。レーベルのリリースの方もいくつか決定しておりますのでお楽しみに。そして1月も後半、ようやく新譜のリリースも多くなって参りましたので、ショップの方にもぜひぜひ足をお運び頂ければと思います。お待ちしております!
(山田岳彦)


file-under_logo.jpg

RECORD SHOP FILE-UNDER / KNEW NOISE RECORDINGS
〒460-0011 名古屋市中区大須3-8-14 立松ビル402
TEL : (052) 242-6810


FILE-UNDER ONLINE SHOP
http://www.fileunderrecords.com/

KNEW NOISE RECORDINGS OFFICIAL Myspace
http://www.myspace.com/knewnoiserecordings

New Audiogram レコ屋名物バイヤーが選ぶ IN THE CHARTS!!

New Audiogram
レコ屋名物バイヤーが選ぶ
IN THE CHARTS!!

東京・大阪を代表するレコードショップの名物バイヤーが完売御免のレコメンド・チャートを毎月セレクト!


MONTHLY ARCHIVES
SEARCH