New Audiogram : PREMIUM : FUJI ROCK FESTIVAL '11

クラムボン @ GREEN STAGE
[2011-07-30 12:52]

ステージに合わせた(?)鮮やかなグリーンの衣装をまとった原田郁子、ミト、伊藤大助の3人が朝一のステージに現れる。彼らとしてはミニマムなセッティングで、周りの鳥たちの鳴き声さえ聞こえてくる静寂と増幅されるノイズを奏でる。

110730_clumbon_04.jpg
110730_clumbon_02.jpg
110730_clumbon_03.jpg

“いろんなことがあるけれど、今日はみんなでいっぱい笑顔になってもらえるように演奏します”というミトのグッとくるMCのあと「GOOD TIME MUSIC」そして“山のなかだけど海の曲を”と「波よせて」。常に帰ってこられる場所としての安心感と、サウンドのイノヴェーションの双方を常に持っている。

110730_clumbon_01.jpg
110730_clumbon_05.jpg

最後にはミトがベースをアンプに叩きつけるまで、ロック度倍増した「バイタルサイン」は圧巻。「はなればなれ」など定番も聴かせつつ、フジロックのクラムボンにはミラクルが起こるという予感の通り、なんと突如、イル・ボスティーノ(a.k.a BOSS THE MC from THA BLUE HERB)を招き入れての「あかり from HERE」膝をついたボスのドラマティックでポジティヴな言葉のあと、最後には“レイハラカミへ捧げる“と「Folklore」のコーラスがGREEN STAGEを包んだ。

Text : KK
Photo : Ryo Nakajima (SyncThings)