EDITOR'S CHOICE:エディターたちが厳選した最新レビュー!

LIVE REVIEW

BLUE ENCOUNT "TOUR2013 NEXT DESTINATION"

2013.12.19 (thu) @ Shibuya TSUTAYA O-WEST, Tokyo

131219_blueencount_01.jpg

この日初めて彼らのライヴを観た。そして、なぜもっと早く知らなかったんだろう、と後悔の念に駆られた。彼らの名前を知ったのは、昨年11月に出たMY FIRST STORYら4バンドが集まったスプリット・アルバム『BONEDS』を聴いた時だった。若々しい感性の息吹と同時に、新世代のロック・シーンを担うギラギラした熱気があの音源には封入されていた。ただ、楽曲は良くても、今はライヴで聴き手の心根を鷲掴みにする魅力がなければ、サバイヴできない時代だ。少々褒めすぎかもしれないが、BLUE ENCOUNTは現時点で欠点を見つける方が難しいくらい、あらゆる点で磨き抜かれていた。将来期待の原石というより、既に眩しい光を放つ宝石に出会ったような衝撃を受けた。演奏、ステージング、観客との対話能力、さらに、俺たちを見てくれ!というスター性と求心力の強さに終始目が離せなかった。

131219_blueencount_02.jpg
131219_blueencount_03.jpg

初の全国ワンマン・ツアー「NEXT DESTINATION」は、今日のファイナル公演を含めて全カ所ソールド・アウトになった。繊細なアルペジオとともに囁くように歌い始める田邊(Vo/G)。ステージ両脇に位置する辻村(B)、江口(G)、屋台骨を支える高村(Dr)は微塵も動かない。曲の物語性を引き立てる静かなイントロからオープニング曲「JUST AWAKE」が始まり、一気にバンド・サウンドに切り替わると、前方に凄まじい勢いで観客が押し寄せる。続く「SLUGGER」では意気揚々とした前のめりの熱さと、それを求める観客が真正面から衝突して、凄まじい火花を散らす。壮観だ。福岡を皮切りに東名阪の4公演を走り抜けたワンマン・ツアーは短いようで長かったらしく、「ソールド・アウトしたぞー! このままありがとうと言ったら、2時間ぐらい喋る」と田邊は高揚した気持ちをダイレクトにぶつけてくる。とにかく、彼らの楽曲は浸透力が高い。英語、日本語の両刀をうまく使いこなし、パンクの疾走感を織り込んだロック・サウンドは、ELLEGARDENをさらにポップにした印象を受けた。裏声を巧みに使う表現力豊かなヴォーカルに加え、楽曲の随所にハンドクラップやシンガロングできるキャッチーなメロディを配している点も抜け目がない。フロアライクな楽曲を矢継ぎ早に連発し、曲中でも「かかって来いよー!」と積極的に煽る仕草は、場数を踏んできた経験値の高さを窺わせた。特に中盤に披露した「YOU」の途中でマイク・スタンドから離れ、語り口調で、いやセリフのように歌詞を吐き出す場面があった。そのむき出しの蒼いエモーションに涙腺を揺さぶられる観客もいたほどで、見栄も照れも取っ払ったまっすぐなアプローチにも驚いた。田邊は「あ〜、もう1曲目からやりてぇ。やべえ、ありがとうございます。ほんと幸せ」と言った舌の根も乾かぬ内に、「すごく不安で、自分たちを過小評価してた」と隠さずに吐露する辺りも人間臭い。

131219_blueencount_04.jpg
131219_blueencount_05.jpg

スラップ奏法を用いた汗臭いロック・ナンバー「マキャベリズム」、ダンサブルな「D.N.K」では田邊が自身の後頭部でギターを搔き鳴らしながら、軽快にステップを踏むアクションを見せると、観客もそれに触発されて異様なテンションで大暴れする始末。熱く切ないメロがきわだった「HALO」で大量のダイヴァーを生み出すと、ここから田邊は長めのMCタイムに突入する。「俺は音楽で初めて約束を守れた」と語りかけ、今回のワンマン・ツアーや大型フェスの出演を含めて、夢を現実に変えてきた道のりを噛み締めると、突如「俺、絶対武道館でライヴやります! 虚勢とかじゃなく、見えたんだ」と力強く宣言し、万雷の拍手が送られる。それから本編ラストを飾る「HANDS」への流れは完璧で、「いつだって君のその手は/いつでも世界を変えれるよ」というメッセージ性の強い歌詞には説得力が宿り、胸の奥底に響き渡った。

131219_blueencount_06.jpg
131219_blueencount_07.jpg

アンコールでは2014年2月5日に発表される、再録曲メインの1stアルバム『BAND OF DESTINATION』収録の新曲「アンバランス」、最後は「VOICE」で大合唱を巻き起こしてショウを終えた。楽曲の良さと人間的魅力を羽ばたかせ、聴き手の懐に臆せず飛び込んでくる不敵さに魅了されっぱなしの2時間だった。

Text : Ryosuke Arakane




メンバー更新!! BLUE ENCOUNT "BONEDS TOUR" DIARY
PREMIUM : New Audiogram ver.6.3 Photo Report : BLUE ENCOUNT
PREMIUM : New Audiogram ver.6.3
PREMIUM : New Audiogram ver.5.2 Photo Report : BLUE ENCOUNT
PREMIUM : New Audiogram ver.5.2



BLUE ENCOUNT OFFICIAL WEBSITE

New Audiogram: DISC REVIEW
LIVE REVIEW: MONTHLY ARCHIVES
LIVE REVIEW: SEARCH
LIVE REVIEW: ARCHIVES