EDITOR'S CHOICE:エディターたちが厳選した最新レビュー!

LIVE REVIEW

Ken Yokoyama "Dead at Budokan"

Ken Yokoyama
"Dead at Budokan"
2008.1.13 (sun) @ Nippon Budokan

横山健、武道館に立つ!

楽しかった。ものすごく楽しかった! 横山健初の武道館公演。ロックの歴史を知る者なら武道館がどれだけ特別な場所かはごぞんじだと思うが、べつにこの日は「武道館だから」特別だったわけじゃない。横山はいつもどおりユルいMCで客を笑わせ、言わなくてもいい下ネタを口にしてはしゃいでいたし、満員の客(2階バックスタンドまで見渡す限りのキッズ、キッズ、キッズ!)もいつもどおり「ケンちゃーん」「俺○○県から来たよぉー」などと気軽に話しかけていた。ライヴハウスとなんら変わらない、身近なKen Bandのステージ。それが「あの武道館で」平然と行われていたことが特別だったのだ。

ken_yokoyama_at_budokan_001.jpg

サード・アルバム『Third Time's A Charm』を中心に、前2作の曲も交えてテンポよく進むステージ。いつもどおりの演奏の中にも、横山の緊張、気合い、そして嬉しさが感じられる。

ken_yokoyama_at_budokan_002.jpg

それが爆発したのは中盤に披露された「Dead At Budokan」。この日のために作られた新曲で、昨年末からネット配信されていたナンバーだ。武道館でやるから曲を作った→時間がないからネットで即日アップ→全員がすかさずダウンロード→それをこの日にみんなで歌う、というシンプルな道筋。この即効性はパンク・ロックの身近さを如実に表すもので、わざわざ「ライヴハウス武道館へようこそ」と口にしなくても(いや、実際には横山も笑いながらこのセリフを吐いていたけど)、バンドとファンの間に距離など感じられない。

ken_yokoyama_at_budokan_003.jpg

止まらないサークル・モッシュとダイヴの嵐。むちゃくちゃ激しくて楽しいパンク・ロック・ショウ。巨大な日の丸を掲げた武道館はもはや「みんなの広場」と呼んでもいいくらい開放的な場所となっていたし、何度も足を運んでいる武道館をこれほど身近に感じたのは初めてのことだ。そしてまた、あまりに身近で楽しい一体感が目の前にあったからこそ、武道館の存在をこれほどすばらしく思えたこともなかったのだ。

ken_yokoyama_at_budokan_004.jpg

ハイスタからソロになった04年、横山はまず「ここから一人で歩いていく」こと宣言した。歌詞だけでなくインタビューでも事あるごとに「ツルむな、一人でやれ」と話している。その姿勢は決して間違いじゃない。だけどハスキング・ビーの名曲「Walk」を演奏した瞬間は特別だった。ここまでの数年間を考え、消えていったバンドや別の道を進むことになった仲間を思い、みんなが一人ひとりそれぞれの思いを抱えてここに集まったんだ、この場所で今パンク・ロックを楽しむことに全力を賭けているんだと考えて、なんだか無性に泣けてしまった。それだけ全力で愛せるものがあって良かった。今も横山健が全力で歌っていてくれて良かった。

ken_yokoyama_at_budokan_005.jpg

そんな思いがきっと全員の心にあったから、最後まですばらしい団結と一体感は途切れることがなかったのだろう。「音楽でひとつになる」なんて口にすると気持ち悪いけれど、この日のステージはまさにそう。理想が現実として結実したすばらしい一夜だった。

Text : Eriko Ishii
Photo : Shigeo Kikuchi

Set List
01. Pressure
02. Why
03. How Many More Times
04. Dry Spell
05. Jealous
06. Eight-Hour Drive
07. That Girl
08. Cheap Shot
09. Empty Promises
10. Dead At Budokan
11. Daydream Believer
12. Summer Of '99
13. My Day
14. Ricky Punks
15. Ricky Punks II
16. Fuck Up, Fuck Up
17. Popcorn Love
18. Walk
19. Not Fooling Anyone
20. Running On The Winding Road
-Encore 1-
21. The Cost Of My Freedom
22. Cherry Blossoms
23. Ten Years From Now
24. Go With The Flow
25. I Love
26. Believer
-Encore 2- (Acoustic Set)
27. Somewhere Over The Rainbow
28. Tiny Soul
29. I Go Alone
30. Father's Arms

New Audiogram: DISC REVIEW
LIVE REVIEW: MONTHLY ARCHIVES
LIVE REVIEW: SEARCH
LIVE REVIEW: ARCHIVES