EDITOR'S CHOICE:エディターたちが厳選した最新レビュー!

LIVE REVIEW

STRAIGHTENER presents "BROKEN SCENE" TOUR

2008.8.18 (mon) @ Akasaka BLITZ

2007年よりスタートした、ストレイテナーがリスペクトするアーティストとともに行う企画が今年はツアーになってパワーアップ。その最終公演は、9mm Parabellum Bulletを迎えて開催された。

最初に登場した9mmは「(teenage)Disaster」でスタートし、たちまちフロア全体がオーディエンスの渦であふれんばかりとなる。春にリリースされたシングル「Supernova/Wonderland」のカップリング「Wildpitch」のブラスト・ビートと変化に富んだギター・サウンドが生みだすとてつもないスピード感に震え、「Sundome」での客席全体での手拍子からスタートし、刹那と永遠を感じさせる歌詞がより深く胸に迫る。

080825_bs_9mm_01.jpg
080825_bs_9mm_02.jpg

途中、10月15日にリリースするニュー・アルバム『VAMPIRE』のインフォメーションも行われ、とてもいいアルバムができたと語る菅原。その期待のアルバムから新曲「The Revenge of Surf Queen」。まだまだ暑さの衰えないこの日にふさわしい、9mm流のガレージ/サーフの解釈ともいえる、新機軸なインストゥルメンタルであった。「Termination」のせつないシーンが浮かび、「marvelous」での菅原のヴォーカリストとしての色気が満ちる。「Talking Machine」ではマラカスを持ってのダンス・タイムに続いて怒濤の「sector」。こうしたこれまでのレパートリーのパワーアップ度もすさまじい。ラストの「Punishment」ではメタリックなギターとともに、中村がベースを地面に置いてスティックを叩いたりして狂騒のパフォーマンスは終了した。

080825_bs_9mm_03.jpg

彼らのアルバムに『Phantomime』というタイトルがあるが、存在そのものの不安感を象徴するかのごとき、予測不可能なパフォーマンスはそのままに、バンドとしてさらに安定感を増したアンサンブルを生み出しているように感じる。かつての(いい意味での)無軌道ぶりやスリリングさとはあきらかに異なるプレイの完成度を持っているのだ。菅原は「音楽は気分を変えるためにある」と語ったが、彼らはその凶暴なパフォーマンスで、確かに聞き手にカタルシスを与える。


続いてストレイテナーのステージは空間的な広がりを持つ「The Novemberist」で幕を上げる。シャープなギター、そして日向の屈強なベースがうなりをあげる「DISCOGRAPHY」。「AFTER THE CALM」「ALIBI」、ベースソロからパンキッシュになだれ込んでいく「SPEEDGUN」、そして「BERSERKER TUNE」、「KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune Mix]」、と近年の楽曲と古くからのレパートリーを織り込み加速を増していく。

080825_bs_straightener_01.jpg

ツアー・ファイナルということもあり、名古屋でのthe band apart、広島のSPECIAL OTHERS、大阪のASPARAGUSとこれまでの公演に参加したバンドに感謝を述べた後、ホリエがキーボードに向かい、「SIX DAY WONDER」。空気がピリッと引き締まるのを感じる。激しさのなかに叙情性を感じるテナーの世界はほんとうに唯一無二だ。そしてスケールの大きな「MARCH」と、中盤のこのスロウのパートもまた他のバンドにまねのできない面であることは間違いない。

080825_bs_straightener_02.jpg
080825_bs_straightener_03.jpg

「アゲていきます」のホリエの一声の後は、ミニ・アルバム『Immortal』からの「TODAY」が高揚感を高めていく。シンペイがドラムセットの上に立ち上がってあおり、そのまま「Melodic Storm」へ。とんでもないフロアの熱気なのだが、オーディエンスの楽しさと笑顔が目に焼きつく。そして突き抜けるような爽快さを持つ「TRAIN」。本編の最後は「MAGIC WORDS」。この曲で生まれるバンドとフロアの一体感、幸福感の共有は感動的だ。やはりこの日もシンペイが吸い込まれるようにフロアへダイヴし、お客さんに担ぎ上げられる。

080825_bs_straightener_04.jpg

かつてはアンコールさえやらないストイックさを持っていた彼らだが、この日はあまりの声援に応え登場。『immortal』から「FREE」そのままパンキッシュな「YES,SIR」へ! とにかく現在制作中だと次の作品の充実ぶりを予感させ、そしてテナーのパワーをあらためて感じた夜だった。

Text : Kenji Komai
Photo : Rui Hashimoto


9mm Parabellum Bullet Set List
01. (teenage)Disaster
02. Discommunication
03. Wildpitch
04. Psychopolis
05. Sleepwalk
06. Sundome
07. The Revenge of Surf Queen
08. farther
09. Supernova
10. Termination
11. The World
12. marvelous
13. Talking Machine
14. sector
15. Punishment

ストレイテナー Set List
01. The Novemberist
02. DISCOGRAPHY
03. AFTER THE CALM
04. ALIBI
05. Dead Head Beat
06. SPEEDGUN
07. BERSERKER TUNE
08. KILLER TUNE[Natural Born Killer Tune Mix]
09. SIX DAY WONDER
10. MARCH
11. TODAY
12. Melodic Storm
13. TRAIN
14. MAGIC WORDS
-Encore-
15. FREE
16. YES, SIR

New Audiogram: DISC REVIEW
LIVE REVIEW: MONTHLY ARCHIVES
LIVE REVIEW: SEARCH
LIVE REVIEW: ARCHIVES