EDITOR'S CHOICE:エディターたちが厳選した最新レビュー!

LIVE REVIEW

bonobos "裸の錬金術師ツアー"

2009.6.16 (tue) @ Akasaka BLITZ, Tokyo

bonobosの『オリハルコン日和』は、ここ数年のなかなか作品をリリースできなかった胸のつかえが下り、彼らのクリエーションが純度100パーセントで輝いているアルバムだ。そのツアー・ファイナルとなる赤坂BLITZのステージにも、全国を帯同したギターの木暮晋也、そしてキーボードにHAKASE-SUNら強力なゲスト・プレイヤーを迎え、バンドの現在の曇りのない感覚が如実に現れていた。

090622_bonobos_01.jpg

ダビーなインストゥルメンタルをイントロダクションに、「Thank You, My Buddy!」「オリハルコン日和」とオープニングから新作の楽曲が立て続けにプレイされる。これまでの定番曲だった「THANK YOU FOR THE MUSIC」もさらりと、しかしより現在のタフなバンド感を感じさせるアレンジが施されており、新しいbonobosを出だしから存分にアピールする。アルバムではジャジーな印象だった「果報者」もロックっぽさを増している。「木暮さんという強い味方ができて、すばらしいツアーができた」と最初のMCで蔡が語るように、やにわにキレたギター・ソロを放つ木暮が持ち込んだムードがバンドを活性化させていることを随所に提示していた。

090622_bonobos_03.jpg

中盤ではステージ後方のスクリーンに映し出されるVJとのコラボレーションもあった。水の音のSEを前後に配置し、サイケデリックなイメージと音のセッションがうねりを作りあげエクスペリメンタルなアンサンブルを生み出す「Long River」は、時間と肉体を越えて彼岸と此岸の双方を活写するリリックが作品以上に伝わってくる。「月よこい」ではプリミティヴなアニメーションが生むファンタジックなイメージがまばゆい色彩を宿し、「Cycle In Motion」では、移り変わる花のイメージとともにとびきりの開放を作りあげていた。

090622_bonobos_04.jpg

星空のようなライティングに息をのむ「天体のワルツ」のロマンティシズム、彼らの新たなアンセムとなるであろうダンサブルかつシンフォニックな「sense of love」といった楽曲や、bonobosが元来持っている内省の発露がひときわポジティヴに変化しているのを肌で感じる「光のブルース」ではアルバムにも参加した武嶋聡が加わり、さらに「Standing There」ではトランペットの川崎太一朗、トロンボーンに滝本尚史という"ボノボ・スペシャル・ホーンズ"が出現。「ICON」ではその華やかなホーンの響きとともに、フロアとの共振が俄然強まっていく。「赤坂BLITZの皆さん、ありがとう、さようなら、そして愛してます!」というMCの後の「GOLD」もまた、日常を磨き上げることで生まれるbonobosの音楽の最良の結果であろう。

090622_bonobos_02.jpg

アンコールでふたたびホーンを迎え入れた「今夜はGroove me」「Mighty Shine, Mighty Rhythm」での有無を言わさぬ快楽主義は、的確なサポートのみならず、メンバーそれぞれの存在感が織りなすグルーヴあってのものだ。新作のジャケットさながらの、井の頭公園の池の上にスペクタクルな宇宙を作りあげてしまうような音の錬金術師としてのbonobosがそこにいた。

090622_bonobos_05.jpg

メンバー全員が並んで一礼をしステージを後にしてからも、蔡が名残惜しそうに「毎日毎日、みなさんから勇気をもらっています。新しい曲は長く聴いてもらいたい」と喜びをかみしめながら語る姿には、彼らの丹念な音楽への愛情を分かち合うことができたツアーへの充足感が満ちていた。

Text : Kenji Komai


Set List
01. イントロ
02. Thank You, My Buddy!
03. オリハルコン日和
04. THANK YOU FOR THE MUSIC
05. イントロ
06. 果報者
07. Long River
08. 月よこい
09. Cycle In Motion
10. 天体のワルツ
11. sense of love
12. 光のブルース
13. Standing There
14. ICON
15. GOLD
-Encore-
16. 夏至にトカゲは
17. 今夜はGroove me
18. Mighty Shine, Mighty Rhythm



EDITOR'S CHOICE LIVE REVIEW : bonobos "裸の錬金術師ツアー"
PREMIUM : bonobos 『オリハルコン日和』 Interview




bonobos official website
bonobos official MySpace