EDITOR'S CHOICE:エディターたちが厳選した最新レビュー!

LIVE REVIEW

ストレイテナー "SOFT ACOUSTIC TOUR"

2012.7.14 (sat) @ 渋谷公会堂

120714_straightener_01.jpg

ストレイテナーは今回のツアーを実現するためにアコースティック・アルバム『SOFT』を制作し、それをバンドの"2012年の新作"として提示し、全国7本のツアーを実現、渋公は完売した。これは快挙だ。もっともっとニュースになっていいんじゃないか?(笑)

いい曲を作ることと、シーンにカウンターを打ち続けること。この一見相反するように見えることを凄まじいスピードで続けてきたのは前々作『CREATURES』でピークを迎えたと思う。もちろん熱量はそのままに、しかしカウンターを打つこと以上に、4人の人間が集まって生み出されるバンド・アンサンブルと曲の良さを渾身の力で突き詰めたのが、セルフ・タイトルの『STRAIGHTENER』だった。そう考えると、曲の骨格をあらわにし、歌の力が必然的に前に出るアコースティック・アルバムの制作も今回の本格的なツアーも、ごく自然なことに思える。楽曲の普遍性、演奏の1回性。それを自覚し、更新するストレイテナーにとっては。

120714_straightener_02.jpg

定刻に客電が落ち、おもむろにメンバーが登場。それぞれのポジションにはラグ(絨毯?)が敷かれ、テーブルランプも配されたステージはリヴィングのよう。演奏もあまりにさりげなく始まり、オープナーの「TRIBUTE」のサビからホリエの声の伸びの良さに心のなかで快哉をあげてしまう。あまりに心地良い。4人の呼吸が聴こえるような、曲の誕生を見るような新鮮な気持ちになる。でも、演奏を楽しんでいるのは間違いなくメンバー自身だろう。フロアを煽る時のカオティックな歓喜とは全然違うナカヤマと日向の笑顔が柔らかい。ライヴならではの選曲でかなり揺さぶられたのは「Sad Code」。「もっと早く気づいてたらアルバムに入れられたんだけど」とホリエは冗談めかして言っていたが、2本のアコギと日向のベース、3種の弦が醸すグルーヴはさしずめストリングによるオーケストレーションの趣きで、密かにカタルシスを感じたファンも多かっただろう。そして外は不快指数90%な東京の夏が到来してることを忘れさせる、ボッサ・フレイヴァーも感じさせる「Blue Sinks In Green」での大山の軽妙なコードワーク。日向のベースもよく歌う。そして"第一部"のラスト「Farewell Dear Deadman」では、それまで演奏に聴き入っていた客席からハンズ・クラップが自然に起こった。

ここで休憩を挟むのだが、この日はこの時間にステージを観覧&撮影OKという粋な計らいが。なんともくだけたムードなんである。

120714_straightener_03.jpg

後半もさりげなくスタート。アコースティック版ブレイクビーツな「LIVES」では膝を叩きながらリズムをとり、スポークンワーズを繰り出し、ピアノとシンセを操るホリエを中心に、またしても「曲が立ち上がる瞬間」を見て、心拍が上がる。最強の呼吸でエンディングをキメ、このブロックを終えると「どやさ!」(ホリエ)と演奏と落差ありまくりの発言で爆笑。MCはとにかくユルい。公衆の面前で雑談レベルである。因みにホリエの渋公からの連想はドラマ「ママはアイドル」。ナカヤマは『SOFT』のジャケの話から流れて「実はブレーメンの音楽隊って、ブレーメンにたどり着いてないという事実が発覚した」などなど。「じゃ西遊記の一行も天竺にたどり着いてなかったりして」(ホリエ)とかそんな具合だ。

120714_straightener_04.jpg

『SOFT』未収のハイライトその2は「KILLER TUNE」! しかしテクスチャーは違えどグルーヴは生まれる。アコギのパーカッシヴな音とリズムがそれを生むことを証明した感じだ。その痛快さにこの日最大の拍手と歓声。本編ラストは"繋がり"を強く印象づける「ネクサス」、そして新曲「シンクロ」。日向が導く淡々としたイントロダクションの説得力、過去最強にベタとエモーショナルぎりぎりのラインをモノにしたサビメロが、ここまでの流れと相まりグングン心に浸透する。"果たせなかった約束も、僕の一部"、叶わなかったことを過去に置き去りにしない。それは曲の歌詞として最も明言されこのバンドの現在の意志でもある。

120714_straightener_05.jpg

アンコールは「みんなのテナー」大定番「Melodic Storm」と「ROCKSTEADY」。そのまま街に繰り出しちゃってほしいぐらい、ラフっちゃラフなのだが、恐らく彼らを知らない人も巻き込んでしまえる音楽のむき身の楽しさがそこにはあった。
そう!知らない人と言えば、翌日の「NANO MUGEN FES.」は既にホームだが、翌々日には「ap bank fes.」に、9月にはくるり主催の「京都音楽博覧会」にホリエがソロで出演する。アコースティック・ツアーのみならぬ、他流試合を経た4人に芽生えるものは何か。早くも気になってしょうがない。

Text : Yuka Ishizumi
Photo : Rui Hashimoto (SOUND SHOOTER)




LIVE REVIEW : ストレイテナー "SOFT ACOUSTIC TOUR"
PREMIUM : STRAIGHTENER 『STRAIGHTENER』 Interview
LIVE REVIEW : ストレイテナー "VIVA LA VANDALISM"
LIVE REVIEW : ストレイテナー "Tour STOUT"
LIVE REVIEW : STRAIGHTENER "CREATURES PARADE TOUR"
LIVE REVIEW : STRAIGHTENER "Nexus Tour Final"
INSTRUMENTS : STRAIGHTENER : Atsushi Horie & Hidekazu Hinata
INSTRUMENTS : STRAIGHTENER : Shinpei Nakayama & Jun Oyama
LIVE REVIEW : STRAIGHTENER presents "BROKEN SCENE"
PREMIUM : STRAIGHTENER 『Nexus』 Interview
LIVE REVIEW : STRAIGHTENER "Hello Miss Weekend Tour"
PREMIUM : STRAIGHTENER × wooderd chiarie Talk Session
PREMIUM : STRAIGHTENER
PREMIUM : RUSH BALL 2008 OFFICIAL PHOTO GALLERY
LIVE REVIEW : STRAIGHTENER presents "BROKEN SCENE" TOUR
PREMIUM : ARABAKI ROCK FEST .08 OFFICIAL PHOTO GALLERY



STRAIGHTENER OFFICIAL WEBSITE

New Audiogram: DISC REVIEW
LIVE REVIEW: MONTHLY ARCHIVES
LIVE REVIEW: SEARCH
LIVE REVIEW: ARCHIVES